顎下のリンパ腫れの原因とは?

スポンサーリンク




顎下のリンパ腫れの原因とは?

耳下腺や顎下腺の腫れが、リンパ節の腫れと紛らわしいことがあります。

 

血液中の血漿成分の一部は、血管とリンパ管にそれぞれ入ります。
これらには代謝物が加わりますから、当然ウイルスや細菌も入ってしまいます。

 

顎の下にある唾液腺の炎症です。舌の下側に唾液腺の出口があるのですが、ここから細菌が入り込み、食事などの唾液分泌時に顎下腺の痛みと腫脹が起こります。

スポンサーリンク




あごの下の腫れもの(顎下腺炎、唾石症、顎下腺腫瘍、顎下部リンパ節炎など)
頚部の腫れもの(頚部リンパ節炎、のどに発生するがんのリンパ節転移、悪性リンパ腫、甲状腺疾患など)

 

運動不足、血行不良、ストレスなどの原因によりリンパはよく流れなくなる。特に冷え性で知られる足先はリンパの流れが悪くなりがちである。リンパは体の奥深くにあるのではなく、皮膚組織に多く分布しているため、軽いマッサージによってリンパの流れを改善することができます。

 

数個あり、下唇やオトガイの皮膚や舌の先、下の前歯の歯や歯グキに炎症があるとき腫れます。
 「顎下リンパ節」は、左右各3個ないしそれ以上あり下の前歯以外の歯や歯グキ、上唇、舌、上顎、頬等の炎症があるとき腫れて痛みます。

 

原因はウイルス,細菌などによる急性感染性リンパ節炎が最も多くみられます。まれに結核性のリンパ節腫脹がみられることがあります。この他には癌の転移性リンパ節との鑑別が重要です。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

顎下のリンパ腫れの原因とは?

耳下腺や顎下腺の腫れが、リンパ節の腫れと紛らわしいことがあります。血液中の血漿成分の一部は、血管とリンパ管にそれぞれ入ります。これらには代謝物が加わりますから、...

≫続きを読む

突発リンパ腫れの原因とは?

早期治療が重要になる場合もあります。病気としては、耳垢のつまり、ケガによる場合、それから外耳炎、鼓膜炎、滲出性中耳炎、外リンパ瘻、突発性難聴などがあります。なか...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク