多発性骨髄腫 予後とは?

スポンサーリンク




多発性骨髄腫 予後とは?

症状を和らげたり遅らせることが目的であるため、予後は決して良いとは言えず、治療後の平均生存期間は3〜4年という厳しい結果となっています。
注意してもらいたいのは、多発性骨髄腫の治療をするのはかなり病気が進んでからという事実です。

 

LDHやBUN、クレアチニン、カルシウム、アルブミンの値を測定し、骨髄腫の進行度や腎障害の有無を調べます。
β2ミクログロブリンは骨髄腫によって上昇し、今後の病気の進行の可能性(予後)を推定するために重要な指標となります。
CRPは感染症や、活動性の骨髄腫でも上昇します。

スポンサーリンク




骨髄腫細胞はBリンパ球の「晩年」の姿である形質細胞という細胞が、がんに変わったものです。まっとうに生きてきたBリンパ球が、人生が終わりに近づくころに何かの理由で道を踏み外して、骨髄腫細胞という「不良老人」になるのです。

 

近年の高齢化に伴い、患者さんの数は増加傾向にあり、わが国では人口10万人あたり2?3人がかかっているといわれています。環境因子としては、放射線被爆や化学薬品の影響、ダイオキシンの暴露(ばくろ)等が指摘されています。

 

年齢や合併症の有無、病型、病期などが影響します。アルブミンの値が低い場合やβ2ミクログロブリンの値が高い場合には経過がよくありません。また、染色体検査で13番染色体が欠失している場合にはその後の経過が良くないことが知られています。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

多発性骨髄腫 移植とは?

多発性骨髄腫の原因となる骨髄腫細胞を抗がん剤で死滅させた後、あらかじめ採取しておいた自分の造血幹細胞(血液をつくる細胞)を戻す(移植)ことにより、正常な造血機能...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 新薬 2015とは?

多発性骨髄腫は血液細胞の1つである「形質細胞」のがん。体中の骨髄でがん化が起こるので「多発性」となり、単に骨髄腫と呼ぶこともあります。脊椎(せきつい)の圧迫骨折...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 予後とは?

症状を和らげたり遅らせることが目的であるため、予後は決して良いとは言えず、治療後の平均生存期間は3〜4年という厳しい結果となっています。注意してもらいたいのは、...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 名医とは?

多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは、ガン化した細胞が周囲の骨を破壊する病気で、形質細胞性腫瘍の一種です。 多発性骨髄腫の名医が在籍し、多発性骨髄腫の症例...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 余命はどれぐらい?

多発性骨髄腫は、骨の中心にある骨髄(赤血球、白血球、血小板を作っている)で、がん化した形質細胞(骨髄腫細胞)がまわりの骨を破壊しながら増え続けるため胃の痛みを感...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 生存率って何年なんですかー?

病気の群では生存期間も10年以上をこえるケースも50%以上です。(通常の治療が必要となる多発性骨髄腫では生存期間の中央値が3.3年、10年以上の生存率は12%)...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 遺伝的要因なに?

多発性骨髄腫は主に中高齢者に発症する病気ですが、若い人に起きないというわけではなく、少数ですが30代の患者さんもいらっしゃいます。多発性骨髄腫にかかりやすくなる...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 末期症状について

末期になると、骨髄腫細胞(がん細胞)は末梢神経や中枢神経にまで浸潤することが報告されています。最近、造血幹細胞移植や新規薬剤などにより長期生存が可能になった反面...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク