多発性骨髄腫 末期症状について

スポンサーリンク




多発性骨髄腫 末期症状について

末期になると、骨髄腫細胞(がん細胞)は末梢神経や中枢神経にまで浸潤することが報告されています。最近、造血幹細胞移植や新規薬剤などにより長期生存が可能になった反面、末期に中枢神経を含む様々な臓器へ骨髄腫細胞が浸潤するケースが増えているようです。

 

背中や腰に痛みがあったり、わずかな力を加えただけで骨折してしまうなどの症状が現れます。このほか、原因不明の発熱や、造血機能に生じた障害によって倦怠感や動悸などの貧血症状や出血が起きやすくなるなどの症状がみられるようになります。

スポンサーリンク




免疫細胞療法は、自分の細胞を使うので、抗がん剤と違い身体に負担が少ないのが特徴です。
他にも、10数種類の免疫細胞療法がありますが、最近は殺傷能力の高いNK細胞を利用するケースが増えています。

 

がん性疼痛の治療にはモルヒネなどの医療用麻薬の積極的使用が推奨されていますが,日本での使用量は先進諸国に比較するとかなり少ないのが現状です。

 

余命半年未満の末期がん患者におけるリハビリの役割は,患者の要望(Demands)を尊重しながら,ADLを維持,改善することにより,できる限り最高のQOLを実現するべくかかわることにあります。

 

がんは骨転移しやすいがんでもありますが、骨修復しやすいがんでもあります。どうぞご安心ください。がん骨転移では、約70%の症例に骨修復が生じるというデータもあります。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

多発性骨髄腫 移植とは?

多発性骨髄腫の原因となる骨髄腫細胞を抗がん剤で死滅させた後、あらかじめ採取しておいた自分の造血幹細胞(血液をつくる細胞)を戻す(移植)ことにより、正常な造血機能...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 新薬 2015とは?

多発性骨髄腫は血液細胞の1つである「形質細胞」のがん。体中の骨髄でがん化が起こるので「多発性」となり、単に骨髄腫と呼ぶこともあります。脊椎(せきつい)の圧迫骨折...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 予後とは?

症状を和らげたり遅らせることが目的であるため、予後は決して良いとは言えず、治療後の平均生存期間は3〜4年という厳しい結果となっています。注意してもらいたいのは、...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 名医とは?

多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは、ガン化した細胞が周囲の骨を破壊する病気で、形質細胞性腫瘍の一種です。 多発性骨髄腫の名医が在籍し、多発性骨髄腫の症例...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 余命はどれぐらい?

多発性骨髄腫は、骨の中心にある骨髄(赤血球、白血球、血小板を作っている)で、がん化した形質細胞(骨髄腫細胞)がまわりの骨を破壊しながら増え続けるため胃の痛みを感...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 生存率って何年なんですかー?

病気の群では生存期間も10年以上をこえるケースも50%以上です。(通常の治療が必要となる多発性骨髄腫では生存期間の中央値が3.3年、10年以上の生存率は12%)...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 遺伝的要因なに?

多発性骨髄腫は主に中高齢者に発症する病気ですが、若い人に起きないというわけではなく、少数ですが30代の患者さんもいらっしゃいます。多発性骨髄腫にかかりやすくなる...

≫続きを読む

多発性骨髄腫 末期症状について

末期になると、骨髄腫細胞(がん細胞)は末梢神経や中枢神経にまで浸潤することが報告されています。最近、造血幹細胞移植や新規薬剤などにより長期生存が可能になった反面...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク