脳腫瘍 グリオーマ 生存率はなんと8%前後?!

スポンサーリンク




脳腫瘍 グリオーマ 生存率はなんと8%前後?!

段階が最も進んだ患者さんの5年生存率は8%前後であり、ヒトに発生する「がん」のなかでも5本の指に入るぐらい、治療効果の悪い腫瘍です。したがってグリオーマにかかると、長い間にわたり病気と生活を共にする必要があります。

 

グリオーマでも、最も悪性度の高いグレード4(膠芽腫)だと、まだそこまで高い生存率は得られていないようです。

スポンサーリンク




生存率は、通常、がんの進行度や治療内容別に算出しますが、患者さんの年齢や合併症(糖尿病などがん以外の病気)の有無などの影響も受けます。用いるデータによってこうした他の要素の分布(頻度)が異なるため、生存率の値が異なる可能性があります。

 

脳幹や運動野・原語野など重要な機能を担っている部分を手術で摘出すれば、そのまま死亡や重篤な後遺症が待っています。
放射線も正常組織への害があり照射できる線量には限度があります。

 

神経膠腫(グリオーマ)は、脳腫瘍のうち、脳実質内から発生する腫瘍の一つ。日本における脳腫瘍(転移性脳腫瘍を除く)の発生頻度は、人口10万人に対し14人程度とされるが、神経膠腫はこのうちの3分の1を占める最も多い腫瘍です。

 

腫瘍の病理組織・悪性度(グリオーマの中のどの種類なのか、グレードI〜IVのうちのどれなのか)、部位、大きさによって色々と可能性は変わってきますので、やはり主治医の先生に聞かれるのが一番でしょう。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

グリオーマ 小児に発生?小児脳幹部グリオーマと診断されたら?

小児脳腫瘍の細胞組織の種類は100種類以上あるといわれており、同じ脳幹部腫瘍でもその性質は人により様々です。脳からできた腫瘍には、グリオーマといわれる神経膠腫(...

≫続きを読む

脳腫瘍 グリオーマ 生存率はなんと8%前後?!

段階が最も進んだ患者さんの5年生存率は8%前後であり、ヒトに発生する「がん」のなかでも5本の指に入るぐらい、治療効果の悪い腫瘍です。したがってグリオーマにかかる...

≫続きを読む

グリオーマ 再発が1年以内に?

グレード2のグリオーマは造影剤によって描出されないことが多く、腫瘍の広がりを判定することが困難なことがあります。術前や術直後のMRIと比べて画像に変化が見られた...

≫続きを読む

グリオーマ ステージ4 予後を呈する腫瘍が多い?

WHOグレード2と3の星細胞系腫瘍と乏突起膠腫系腫瘍では,病理組織診断が同じでもかなり違った予後を呈する腫瘍が多いです。最近は,分子診断がそれを補うと期待されて...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク