肺がんのステージ4の余命【イレッサの効果はどれぐらいもつ?】

スポンサーリンク




肺がんのステージ4の余命【イレッサの効果はどれぐらいもつ?】

現在イレッサは一般処方はできないはずです。遺伝子検査して、有効性の期待できる突然変異がある方に治験として処方されていると思います。遺伝子変異があるなら、ザーコリカプセルにした方がいいです。

 

イレッサが効果を発揮するためには特定の条件がそろっていることが必要です。
イレッサが著効を示す条件として「東洋人、女性、非喫煙者、腺癌」というのがあります。

スポンサーリンク




イレッサによく反応するタイプの腺がんのように、ステージ4であっても治療(基本は化学療法)が奏功してくれれば、けっこう長い期間、肺がんがどこにも見当たらない状況を生み出すことはあり得ます。
それが目の前にいらっしゃる患者さんで起こるかどうかは試してみないとわからない部分がまだまだ多いのです。

 

がん細胞の増殖を促進する酵素の働きを阻害する作用があります。肺がんのステージ4くらいにまで進行してしまった患者も、イレッサの服用で余命が長くなるケースもあります。

 

イレッサが使われた手術不能の肺ガンを宿した患者さんでは、ほぼ100%確実なことは、全員死亡するという現実です。
半分の以上の患者さんは、発見から1年以内に死にます。
それは誰も誤魔化すことなどできない現実です。

 

副作用によって発症する場合には症状が急速に進行するケースが多く、この副作用によって多くの肺癌患者が命を落とすことになったのです。もちろん、薬である以上は、薬の効果と薬による副作用のリスクをよく検討したうえで使用する価値があるかを判断することになります。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

肺がんのステージ4の余命【イレッサの効果はどれぐらいもつ?】

現在イレッサは一般処方はできないはずです。遺伝子検査して、有効性の期待できる突然変異がある方に治験として処方されていると思います。遺伝子変異があるなら、ザーコリ...

≫続きを読む

肺がん ステージ4 余命 若年者は高齢者よりも短くなる?

一般的にがんは若年の方が進行が早くなります。 そのため若年の余命が高齢者よりも短くなります。 しかし肺がんのステージ4の余命は、若年の余命と高齢者の余命はあまり...

≫続きを読む

肺がんステージ4【余命とリンパ転移は最も起こりやすい?

癌の組織型、EGFR遺伝子変異の有無をご確認ください。検査していないなら調べてください、と主治医に言いましょう。化学療法をあきらめるのはそれからでも遅くありませ...

≫続きを読む

肺がんステージ4【余命と脳転移の平均的余命は6か月?】

症状が軽減することもあることから、とりあえず頭蓋内病変(脳転移)について治療後の評価をしてみてもいいかもしれません。未治療の転移巣の増大が原因と考えられれば、そ...

≫続きを読む

肺がんのステージ4が完治された人もたくさんいる?

余命について患者様からよく聞かれますが、予測できるのは余命2〜3週間になってきたあたりです。元気な状態で余命はどのくらい、というのは現実的に予測不可能です。イレ...

≫続きを読む

肺がんのステージ4が回復した?!

私たちの体内では、健康な人も常にがん細胞が発生していると言われています。それが、重大な腫瘍とならずに正常な機能を維持し続けられる理由は、私たちの免疫力によるとこ...

≫続きを読む

肺がんのステージ4【余命と骨転移は親密な関係がある?】

転移をしているということは、すでにステージで言うと4期に該当することになります。残念ながら治療の効果は限られていることが多いでしょう。肺がんが骨に転移した場合に...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク