肺がん レントゲン 異常なしだったのに数か月に発覚?

スポンサーリンク




肺がん レントゲン 異常なしだったのに数か月に発覚?

胸部写真で、腫瘤が見落とされていないか、あるいは5mm未満でない限りは、悪性腫瘍の可能性は低いでしょう。

 

早期発見できれば治癒する確率は高いですが、発見が遅れ、さらに他の臓器に転移してしまってからでは治療が難しいと言わざるを得ません。特に喫煙される方はレントゲン検査で異常なしでも、時にはCT検査を受診することをお勧めいたします。

スポンサーリンク




特に、60歳以上の喫煙者は要注意!
しかし、30歳代の若い人や喫煙をしてなくても肺がんにはなります。

 

初期の病態は健診のレントゲンでは映りにくく異常なしとして放置されている場合も多い病気です。現在この病気で診断、治療中の人は約20万人と言われ、潜在的にはその数十倍に上るとされています。

 

健康診断のレントゲンでは異常なしだったのに数か月してから検査してみると肺がんだったという話を時々聞きます。
これは特に間接レントゲン撮影を行った場合と、レントゲンにはがん以外の結核や心臓、過去の病変、場合によっては乳首などが写ることがあることにもよります。

 

たとえ検診で異常なしと言われても、血のついた痰や頑固な咳、胸や背中、肩の痛みが続くような場合には、専門医療機関を受診すべきです。

 

「異常なし」と診断されれば患者としてはそのまま信じて精密検査を受ける機会を失う可能性がありますから,集団検診を受けない方が良かったという結果になりかねません。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

肺がん レントゲン 画像はこちら

肺がん レントゲン 画像写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAH...

≫続きを読む

肺がん レントゲンが真っ白だと肺がんの可能性が大!

様々な要因により体液が肺に溜まっているせいで、つまり、母の左肺はほとんど機能していないということです。手術によって全て綺麗に摘出されたはずの喉の部分にも、残って...

≫続きを読む

肺がん レントゲン 異常なしだったのに数か月に発覚?

胸部写真で、腫瘤が見落とされていないか、あるいは5mm未満でない限りは、悪性腫瘍の可能性は低いでしょう。早期発見できれば治癒する確率は高いですが、発見が遅れ、さ...

≫続きを読む

肺がん レントゲン初期症状が疑われる時や不安を感じる場合は?

検査自体10分程度で終了するものですので、肺がんの初期症状が疑われる時や不安を感じる場合は、まず、肺がんの胸部X腺検査を受けてみると良いでしょう。がんの初期症状...

≫続きを読む

肺がん レントゲンで間違いなく最初に行われる検査とは?

胸部X線検査は、肺がんに限らず一般診療や健康診断でも行われる馴染み深い検査です。長期間咳や微熱が続く、胸が痛い、息苦しいといった症状が出た時に病院へ行くと、まず...

≫続きを読む

肺がんレントゲン写真症例はこちら

肺がんレントゲン写真症例をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク