肺がん レントゲンで間違いなく最初に行われる検査とは?

スポンサーリンク




肺がん レントゲンで間違いなく最初に行われる検査とは?

胸部X線検査は、肺がんに限らず一般診療や健康診断でも行われる馴染み深い検査です。

 

長期間咳や微熱が続く、胸が痛い、息苦しいといった症状が出た時に病院へ行くと、まず間違いなく最初に行われる検査と言ってよいでしょう。

スポンサーリンク




移動式にしてる分、仕方のない部分とは言えますが、もちろん直接撮影に比べれば精度は劣ります、判定医の技量にも左右されます、専門医が見る訳ではありません。

 

健康診断は沢山の人を見るから見間違いもあるのが現状です。
レントゲンの大きさも一般的なものより小さかったりすることもあります、と言われたことがあります。

 

研修医の方に読影をお願いすると、明らかに肺野に腫瘤影があってもその言及に至るまで10分以上かかることもあります。胸部レントゲンの教育上はそれでよいと思うのです。間違いではありません。しかし、現実的ではありません。

 

肺の病気の診断に有用です。肺がん、肺結核、肺炎などでは、異常が白い影として映ります。気胸、肺気腫などは病気のあるところの空気が多くなるので、黒く映ります。気管支拡張症や胸水などもこ指摘されます。

 

がんの治療には、よいこと(効果)もわるいこと(副作用、時には治療による死亡)もあります。担当の先生のお話がわかりにくい場合には、他の医師の意見(セカンドオピニオン)もきいて、患者さんと家族が十分に納得したうえで治療を受けることが大事です。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

肺がん レントゲン 画像はこちら

肺がん レントゲン 画像写真をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAH...

≫続きを読む

肺がん レントゲンが真っ白だと肺がんの可能性が大!

様々な要因により体液が肺に溜まっているせいで、つまり、母の左肺はほとんど機能していないということです。手術によって全て綺麗に摘出されたはずの喉の部分にも、残って...

≫続きを読む

肺がん レントゲン 異常なしだったのに数か月に発覚?

胸部写真で、腫瘤が見落とされていないか、あるいは5mm未満でない限りは、悪性腫瘍の可能性は低いでしょう。早期発見できれば治癒する確率は高いですが、発見が遅れ、さ...

≫続きを読む

肺がん レントゲン初期症状が疑われる時や不安を感じる場合は?

検査自体10分程度で終了するものですので、肺がんの初期症状が疑われる時や不安を感じる場合は、まず、肺がんの胸部X腺検査を受けてみると良いでしょう。がんの初期症状...

≫続きを読む

肺がん レントゲンで間違いなく最初に行われる検査とは?

胸部X線検査は、肺がんに限らず一般診療や健康診断でも行われる馴染み深い検査です。長期間咳や微熱が続く、胸が痛い、息苦しいといった症状が出た時に病院へ行くと、まず...

≫続きを読む

肺がんレントゲン写真症例はこちら

肺がんレントゲン写真症例をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAHOO...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク