悪性リンパ腫の抗がん剤【通院による抗がん剤治療は?】

スポンサーリンク




悪性リンパ腫の抗がん剤【通院による抗がん剤治療は?】

通院による抗がん剤治療は、自宅から病院に通いながら治療ができ、普段の生活リズムを維持しながら生活できる一方で、いつも医療者がそばにいるわけではないという不安があるかもしれません。

 

外来で通院しながら治療を受けることにより、長期入院の必要がなくなります。仕事や、家事、家族との時間の共有といったこれまでの日常生活を継続しながら治療を行うことができ、患者のQOL(Quality of Life/生活の質)を維持できる事が最大の利点です。

スポンサーリンク




通院治療になることもありますが、大事をとって始めの1週間は入院するケースが多いようです。

 

悪性リンパ腫も種類によっては通院での化学療法が可能です。どの病院も悪性リンパ腫や白血病の臨床経験が非常に豊富で、病気のタイプや患者の状態を見ながら、最適な治療を選択してくれます。

 

治療は、一部の抗がん剤治療法を除き、原則として外来化学療法室での外来化学療法に移行し、通院で治療を継続します。当院での通院治療が円滑に行われるように、御自宅近くの医療機関と連携をしていく場合もあります。

 

外来での通院による治療を受けられることを望んでいます。そのために当院では、医師、看護師、薬剤師が一体となって治療、ケアに当たっています。ひとりひとりに説明をして行っています。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

犬の悪性リンパ腫【抗がん剤治療を受けるときの注意点】

抗がん剤の微量被曝は一般的な副作用とは異なり、すぐには大きな被害が発生しません。何年、何十年と経ってから身体に異変が現れるかもしれません。犬で最も多い、リンパ節...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の抗がん剤【通院による抗がん剤治療は?】

通院による抗がん剤治療は、自宅から病院に通いながら治療ができ、普段の生活リズムを維持しながら生活できる一方で、いつも医療者がそばにいるわけではないという不安があ...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の抗がん剤【種類によって異なる?】

リンパ腫では、標準的な化学療法による治療効果が不十分であるため、急性リンパ性白血病と同様に、多種類の抗がん剤による強力な化学療法を行います。血液悪性三大疾患には...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の抗がん剤【期間は10年前後も?】

リンパ腫の平均生存期間は10年前後ですが、これまでの研究結果によると、 化学療法による明らかな生存期間の延長効果は確認されていません。そのため、症状のない場合は...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の抗がん剤【効かない?人間ドックは危険?】

「抗がん剤は効かない」とか、「がん放置療法のすすめとかいった西洋医学を頭ごなしに否定するような「極論」を、自身の著書やマスメディアで広め、いたずらに患者の不安や...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク