悪性リンパ腫の抗がん剤【種類によって異なる?】

スポンサーリンク




悪性リンパ腫の抗がん剤【種類によって異なる?】

リンパ腫では、標準的な化学療法による治療効果が不十分であるため、急性リンパ性白血病と同様に、多種類の抗がん剤による強力な化学療法を行います。

 

血液悪性三大疾患には悪性リンパ腫・多発性骨髄腫・白血病」3種類があります。

スポンサーリンク




リンパ球が,がん化したものが悪性リンパ腫,骨髄中の形質細胞が,がん化したものが多発性骨髄腫,骨髄中の造血幹細胞が,がん化したものが白血病です。

 

がんの種類によっては、抗がん剤治療が第一選択の治療法とされることがあります。例えば、白血病や悪性リンパ腫など手術の対象とならないがんでは、化学療法が治療の中心なので、抗がん剤の果たす役割はより大きくなります。

 

リンパ系組織とはリンパ節や胸腺、リンパ管、リンパ液などで、全身に分布しているため、悪性リンパ腫は全身で発症する可能性があります。
悪性リンパ腫は「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」の2種類に分けられます。

 

悪性リンパ腫の半分以上は、首やわきの下、足の付け根などのリンパ節が腫れてくるという特徴があるが、体の表面には出ずに、臓器にできるリンパ腫もあり、他のがんが疑われ、検査で初めて悪性リンパ腫と分かるケースも多いです。

 

抗がん剤の投与直後から、皮膚に発しんやかゆみなどの症状が出ることがあるようです。ひどい場合は、血圧低下・不整脈、呼吸困難を起こすこともあります。この反応は、薬を初めて使ったときに出やすいようです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

犬の悪性リンパ腫【抗がん剤治療を受けるときの注意点】

抗がん剤の微量被曝は一般的な副作用とは異なり、すぐには大きな被害が発生しません。何年、何十年と経ってから身体に異変が現れるかもしれません。犬で最も多い、リンパ節...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の抗がん剤【通院による抗がん剤治療は?】

通院による抗がん剤治療は、自宅から病院に通いながら治療ができ、普段の生活リズムを維持しながら生活できる一方で、いつも医療者がそばにいるわけではないという不安があ...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の抗がん剤【種類によって異なる?】

リンパ腫では、標準的な化学療法による治療効果が不十分であるため、急性リンパ性白血病と同様に、多種類の抗がん剤による強力な化学療法を行います。血液悪性三大疾患には...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の抗がん剤【期間は10年前後も?】

リンパ腫の平均生存期間は10年前後ですが、これまでの研究結果によると、 化学療法による明らかな生存期間の延長効果は確認されていません。そのため、症状のない場合は...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の抗がん剤【効かない?人間ドックは危険?】

「抗がん剤は効かない」とか、「がん放置療法のすすめとかいった西洋医学を頭ごなしに否定するような「極論」を、自身の著書やマスメディアで広め、いたずらに患者の不安や...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク