ユーイング肉腫の肺転移の生存率とは?

スポンサーリンク




ユーイング肉腫の肺転移の生存率とは?

ユーイング肉腫では、5年生存率が、15歳未満の小児では59%から78%に、15歳〜19歳の青年では20%から60%へと同時に増加している。

 

これまで、数施設ごとによる治療研究はされ
ていましたが、明らかなエビデンスのある治療成績は報告さ
れていません。小児科を中心とした末梢血幹細胞移植研究会
での成績は、5年無病生存率は40%前後です。

スポンサーリンク




国立がんセンター(現国立がん研究センター)病院における治療成績は、1980年代はじめまでは5年生存率30%程度と不良でしたが、2000年以後は5年生存率70%以上にまで向上し、手足を残せる患者さんの割合も90%以上となっています。

 

ユーイング肉腫は、骨肉腫の一種だが、早い話、骨にできた悪性の癌(がん)だ。
骨や筋肉に癌ができた時だけ「肉腫」と呼ぶだけ。
普通にいう癌で特殊な名前ではないんですね。

 

主に若年者(20歳未満)に発症する悪性の骨軟部腫瘍の一つ。多くは骨に発生するが、まれに筋肉・神経・脂肪などの軟部組織にも発生する。抗癌剤(こうがんざい)による全身化学療法・外科療法などがあります。

 

ユーイング肉腫は、骨や軟部組織に起こる腫瘍で、主に小児期や青年期に発生する。骨外性ユーイング肉腫やアスキン腫瘍、原始神経外胚葉腫瘍(PNET)で、共通の染色体異常があることから、ユーイング肉腫ファミリー腫瘍(ESFT)と呼ばれています。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

ユーイング肉腫の肺転移の生存率とは?

ユーイング肉腫では、5年生存率が、15歳未満の小児では59%から78%に、15歳〜19歳の青年では20%から60%へと同時に増加している。これまで、数施設ごとに...

≫続きを読む

ユーイング肉腫 再発で生存率は?

原発性の骨・軟部肉腫に対して、治癒率の向上とともに、機能的に優れた患肢温存を目標として、精力的に治療に取り組んでいます。また再発や転移を来した難治性肉腫に対して...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク