ユーイング肉腫 再発で生存率は?

スポンサーリンク




ユーイング肉腫 再発で生存率は?

原発性の骨・軟部肉腫に対して、治癒率の向上とともに、機能的に優れた患肢温存を目標として、精力的に治療に取り組んでいます。また再発や転移を来した難治性肉腫に対しても、新たな治療法の開発に取り組んでいます。

 

ドキソルビシン+シクロホスファミド+ビンクリスチンとイホスファミド+エトポシドを組み合わせ、交互に治療を行うことにより5年無病生存率(治療開始から5年間経過した時点で再発がなく生存している患者さんの割合)が69%という結果を報告しています。

スポンサーリンク




再発、再再発率も高い疾患です。発見した段階で 局所にとどまっており、治療が順調にいっていても、患者家 族の不安は尽きません。

 

米国で再発腫瘍に対するIFM+VP16の組み合わせ(IE)の有効性 が示された事から、米国国立がん研究所(NCI)は多施設共同ランダム化 比較試験INT-0091を実施しました。

 

診断時年齢が15歳以上、腫瘍体積200ml以上、腫瘍径が8cm 以上、化学療法に対する組織学的奏効度の不良例、診断時から2年以内の再発例などが明らかとなっています。

 

ユーイング肉腫や骨の未分化神経外胚葉性腫瘍の患者に非常に効果的であった.われわれは,これらの薬剤を標準的レジメンに加えることで,新たに疾患が診断された患者の生存率が改善されるかどうかを検討する研究をデザインしたようです。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

ユーイング肉腫の肺転移の生存率とは?

ユーイング肉腫では、5年生存率が、15歳未満の小児では59%から78%に、15歳〜19歳の青年では20%から60%へと同時に増加している。これまで、数施設ごとに...

≫続きを読む

ユーイング肉腫 再発で生存率は?

原発性の骨・軟部肉腫に対して、治癒率の向上とともに、機能的に優れた患肢温存を目標として、精力的に治療に取り組んでいます。また再発や転移を来した難治性肉腫に対して...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク