白血病の生存率【骨髄移植で助かる見込みはあるのか】

スポンサーリンク




白血病の生存率【骨髄移植で助かる見込みはあるのか】

移植をするなら、GVHD(移植片対宿主病)だけではなく、その後の回復期間も考えておく必要があります。

 

M3は骨髄移植をしなくても予後が良好です。それ以外だと抗がん剤による化学療法を継続するか、化学療法を行った後に移植するか判断することになります。この判断がとても難しいところだと思います。

スポンサーリンク




 

骨髄移植についてであるが、私が罹ったATLの場合は、完治のために必要な治療法であり、有効であることが、実績としても積み重ねられています。

 

急性リンパ性白血病を治療するためは、「骨髄移植」を受けるしかありません。
骨髄は,血液成分の赤血球ならびに顆粒 (かりゅう) 球など,白血球を産生する場所である。この骨髄に腫瘍 (しゅよう) ができたりします。

 

移植をする理由は、前処置で悪性細胞を死滅させ、骨髄の造血を再構築するためですが、もう一つに移植したドナーのリンパ球の免疫力を利用して、リンパ球が白血病細胞を攻撃することを目的としています。

 

ただし再発後、全員が第二寛解にまで持ち込めるわけではありませんので、すべての再発患者に移植が可能というわけではありません。

 

造血幹細胞移植は現在でも唯一確実に治癒を望む事ができる方法ですが、年齢、ドナーの有無によりその対象となるのは約30%の患者さんに限られます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

白血病の生存率【骨髄移植で助かる見込みはあるのか】

移植をするなら、GVHD(移植片対宿主病)だけではなく、その後の回復期間も考えておく必要があります。M3は骨髄移植をしなくても予後が良好です。それ以外だと抗がん...

≫続きを読む

白血病の生存率【60代の場合】

白血病といえば「不治の病」と考えられていた時期もありますが、近年では化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能となっています。急性の場合は、治療...

≫続きを読む

白血病の生存率【40代の場合は?】

45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。(40代後半男性5.8人、女性3.3人と、ほぼ平均)70代では3倍以上の発症率になり...

≫続きを読む

白血病の生存率【10代の子供はどれぐらい?】

白血病は主に10代位までの間に罹患することが多く、適切な治療をすれば現在8割〜9割の生存率を見込める病気となっています。10代を過ぎると急性リンパ性白血病の場合...

≫続きを読む

白血病の生存率【30代が発症頻度は比較的少ない?】

10代から30代が発症頻度は比較的少ないです。そして45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。60歳以上での寛解率(完治ではな...

≫続きを読む

白血病の生存率【70代は3倍以上の発症率?もう助からない?】

70代では3倍以上の発症率になります。高齢者発症の80%以上は急性骨髄性白血病であり、一部の病型を除いて、支持療法や抗がん剤を用いる化学療法の適応が中心になる場...

≫続きを読む

白血病の生存率【20代半ばはもっとも危険な時期?】

白血病は大きく4種類(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病)に分けられ、更に細かく分類されています。年齢性別関係ないですけ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク