白血病の生存率【60代の場合】

スポンサーリンク




白血病の生存率【60代の場合】

白血病といえば「不治の病」と考えられていた時期もありますが、近年では化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能となっています。

 

急性の場合は、治療をしない場合では40代の方でも60代の方でも生存率は数ヶ月とされています。
慢性の場合は治療をしなければ数年と言われています。

スポンサーリンク




生存率は細胞の種類によって大きく変わります。
40代の方がかかる白血病の細胞と60代の方がかかる細胞が異なる場合があるからです。

 

急性白血病のような症状になってからでは手遅れなのですね。
「慢性期」のうちに寛解治療を目指して、再発のリスクを最小限にしたいです。

 

環境の変化にも適応する作用もあり酸素の量や赤血球の数が減少すると、腎臓からエリスロポエチンというホルモンが放出され骨髄を刺激して赤血球量が増えます。

 

白血病は急性と慢性に分けられ、それぞれ骨髄性とリンパ性がある。この中で急性骨髄性白血病は40〜50%を占めており、治療をしないと数ヵ月で死に至ることがあります。

 

白血病では、骨髄は通常、白血細胞で充満していますが、時には、骨髄中の白血病細胞がそれほど多くない低形成白血病も見られます。
高齢者に多く、治療には比較的よく反応します。

 

がんは高齢になると発症しやすい病気で、一部のがんを除き60代や70代が発症率のピークになりますが、白血病は50代前半から発症数が増えていきます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

白血病の生存率【骨髄移植で助かる見込みはあるのか】

移植をするなら、GVHD(移植片対宿主病)だけではなく、その後の回復期間も考えておく必要があります。M3は骨髄移植をしなくても予後が良好です。それ以外だと抗がん...

≫続きを読む

白血病の生存率【60代の場合】

白血病といえば「不治の病」と考えられていた時期もありますが、近年では化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能となっています。急性の場合は、治療...

≫続きを読む

白血病の生存率【40代の場合は?】

45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。(40代後半男性5.8人、女性3.3人と、ほぼ平均)70代では3倍以上の発症率になり...

≫続きを読む

白血病の生存率【10代の子供はどれぐらい?】

白血病は主に10代位までの間に罹患することが多く、適切な治療をすれば現在8割〜9割の生存率を見込める病気となっています。10代を過ぎると急性リンパ性白血病の場合...

≫続きを読む

白血病の生存率【30代が発症頻度は比較的少ない?】

10代から30代が発症頻度は比較的少ないです。そして45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。60歳以上での寛解率(完治ではな...

≫続きを読む

白血病の生存率【70代は3倍以上の発症率?もう助からない?】

70代では3倍以上の発症率になります。高齢者発症の80%以上は急性骨髄性白血病であり、一部の病型を除いて、支持療法や抗がん剤を用いる化学療法の適応が中心になる場...

≫続きを読む

白血病の生存率【20代半ばはもっとも危険な時期?】

白血病は大きく4種類(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病)に分けられ、更に細かく分類されています。年齢性別関係ないですけ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク