白血病の生存率【10代の子供はどれぐらい?】

スポンサーリンク




白血病の生存率【10代の子供はどれぐらい?】

白血病は主に10代位までの間に罹患することが多く、適切な治療をすれば現在8割〜9割の生存率を見込める病気となっています。
10代を過ぎると急性リンパ性白血病の場合にも生存率が若干下がり、6割程度にまで減少することがあります。

 

白血病は自覚症状がない病気です。ただでさえがんは自覚症状がないことで有名ですが、血液のがんはさらに目立った自覚症状がありません。
しかし、白血病では、血液検査で様々な数字面の異常が現れるため、定期的に血液検査を受けることが早期治療のきっかけになります。

スポンサーリンク




有名人が罹患して亡くなったり、創作でも「不治の病」として扱われがちなためか「一度かかったら死ぬしかない」と言うイメージを持つ人も多いですが、安心してください。治療方法はあります。

 

病気を発症する危険を高めるものをリスク因子と呼びます。リスク因子をもつことは将来がんになるということを意味しません。また、リスク因子をもたないことは、将来がんにならないということを意味しません。

 

白血病は小児から高齢者まで幅広く発生しますが、とくに10代、20代の青年層で最も発生頻度が高いのが白血病です。
青年層の死亡原因では、自殺、事故死に次いで多くなっています。

 

血液のがんと呼ばれる病気で、実は年間に数千人発症すると言われており、人によって急性から慢性までの状態があります。

 

リンパ芽球、Bリンパ球、またはTリンパ球になる幹細胞が過剰に多くなります。このような細胞が、がん(白血病)細胞です。こうした白血病細胞は、正常なリンパ球のような働きをせず、感染に対してほとんど戦うことはできません。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

白血病の生存率【骨髄移植で助かる見込みはあるのか】

移植をするなら、GVHD(移植片対宿主病)だけではなく、その後の回復期間も考えておく必要があります。M3は骨髄移植をしなくても予後が良好です。それ以外だと抗がん...

≫続きを読む

白血病の生存率【60代の場合】

白血病といえば「不治の病」と考えられていた時期もありますが、近年では化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能となっています。急性の場合は、治療...

≫続きを読む

白血病の生存率【40代の場合は?】

45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。(40代後半男性5.8人、女性3.3人と、ほぼ平均)70代では3倍以上の発症率になり...

≫続きを読む

白血病の生存率【10代の子供はどれぐらい?】

白血病は主に10代位までの間に罹患することが多く、適切な治療をすれば現在8割〜9割の生存率を見込める病気となっています。10代を過ぎると急性リンパ性白血病の場合...

≫続きを読む

白血病の生存率【30代が発症頻度は比較的少ない?】

10代から30代が発症頻度は比較的少ないです。そして45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。60歳以上での寛解率(完治ではな...

≫続きを読む

白血病の生存率【70代は3倍以上の発症率?もう助からない?】

70代では3倍以上の発症率になります。高齢者発症の80%以上は急性骨髄性白血病であり、一部の病型を除いて、支持療法や抗がん剤を用いる化学療法の適応が中心になる場...

≫続きを読む

白血病の生存率【20代半ばはもっとも危険な時期?】

白血病は大きく4種類(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病)に分けられ、更に細かく分類されています。年齢性別関係ないですけ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク