白血病の生存率【30代が発症頻度は比較的少ない?】

スポンサーリンク




白血病の生存率【30代が発症頻度は比較的少ない?】

10代から30代が発症頻度は比較的少ないです。
そして45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。

 

60歳以上での寛解率(完治ではないが白血球の数値が落ち着いている状態)は高齢者急性骨髄性白血病患者の20%程度で、化学療法が成功した場合でも平均生存期間は11ヵ月と短いです。

スポンサーリンク




 

この病気は治療効果の高い薬が開発されていて、早期発見ができれば化学療法だけでも十分寛解の見込める病気と言われています。(長期生存率は70?80%程度)

 

臓器の機能障害などがある場合は、白血病の可能性も検討しなければいけません。
このようなケースでは、まず血液検査を行い白血球の数を調べるようにしましょう。

 

血液の中には、白血球、赤血球、血小板という3系統の細胞が存在します。赤血球は肺で酸素を取り込み、体中の様々な臓器に運びます。また臓器の細胞から二酸化炭素を受けとり、肺に運んで体の外に出す働きも担っています。

 

高齢者に対しても積極的に抗がん剤を用いた治療が行われるようになり、その治療成績も改善されてきましたが、だれもが認める標準治療というものは、まだ確立されていません。

 

白血病になる場合、小児白血病という病気があるように3歳くらいの患者さんがとても多く、深刻な問題になっています。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

白血病の生存率【骨髄移植で助かる見込みはあるのか】

移植をするなら、GVHD(移植片対宿主病)だけではなく、その後の回復期間も考えておく必要があります。M3は骨髄移植をしなくても予後が良好です。それ以外だと抗がん...

≫続きを読む

白血病の生存率【60代の場合】

白血病といえば「不治の病」と考えられていた時期もありますが、近年では化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能となっています。急性の場合は、治療...

≫続きを読む

白血病の生存率【40代の場合は?】

45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。(40代後半男性5.8人、女性3.3人と、ほぼ平均)70代では3倍以上の発症率になり...

≫続きを読む

白血病の生存率【10代の子供はどれぐらい?】

白血病は主に10代位までの間に罹患することが多く、適切な治療をすれば現在8割〜9割の生存率を見込める病気となっています。10代を過ぎると急性リンパ性白血病の場合...

≫続きを読む

白血病の生存率【30代が発症頻度は比較的少ない?】

10代から30代が発症頻度は比較的少ないです。そして45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。60歳以上での寛解率(完治ではな...

≫続きを読む

白血病の生存率【70代は3倍以上の発症率?もう助からない?】

70代では3倍以上の発症率になります。高齢者発症の80%以上は急性骨髄性白血病であり、一部の病型を除いて、支持療法や抗がん剤を用いる化学療法の適応が中心になる場...

≫続きを読む

白血病の生存率【20代半ばはもっとも危険な時期?】

白血病は大きく4種類(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病)に分けられ、更に細かく分類されています。年齢性別関係ないですけ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク