白血病の生存率【20代半ばはもっとも危険な時期?】

スポンサーリンク




白血病の生存率【20代半ばはもっとも危険な時期?】

白血病は大きく4種類(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病)に分けられ、更に細かく分類されています。

 

年齢性別関係ないですけど難病ALSという病気で、3〜4ヶ月で亡くなる人もいますよ。長く生きる人もいます。
この薬の効果は進行を遅らせる事で、治す薬は発見されていません。

スポンサーリンク




治療薬は進歩したとはいえど、その副作用で心臓や肝臓にダメージが残ったり、妊娠が難しくなるケースだってあるのです。

 

治療は長く厳しい。通常6ヶ月〜1年の入院治療とその後の外来治療を行い、治療終了までには2年〜3年を要する。そのため、治療においては病気を治すとともに、心に傷を残さないことが重要です。

 

年齢の若い患者さんの初回移植では、従来より行われている骨髄破壊的前処置を用いて、HLA半合致移植を行います。
腫瘍細胞が残っている30%程度の成功率、すなわち無再発生存をもたらします。

 

年齢別に見てみると、20代の患者さんが多く、60代の患者が多いと言われています。
欧米においてはホジキンリンパ腫が多く発症していますが、日本だと逆で、だいたい一割程度です。

 

白血球のうち好中球は主に細菌を殺し、リンパ球は主にウイルス感染を防ぎます。したがって、好中球が減ると肺炎や敗血症のような重症の細菌感染症になりやすくなります。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

白血病の生存率【骨髄移植で助かる見込みはあるのか】

移植をするなら、GVHD(移植片対宿主病)だけではなく、その後の回復期間も考えておく必要があります。M3は骨髄移植をしなくても予後が良好です。それ以外だと抗がん...

≫続きを読む

白血病の生存率【60代の場合】

白血病といえば「不治の病」と考えられていた時期もありますが、近年では化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能となっています。急性の場合は、治療...

≫続きを読む

白血病の生存率【40代の場合は?】

45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。(40代後半男性5.8人、女性3.3人と、ほぼ平均)70代では3倍以上の発症率になり...

≫続きを読む

白血病の生存率【10代の子供はどれぐらい?】

白血病は主に10代位までの間に罹患することが多く、適切な治療をすれば現在8割〜9割の生存率を見込める病気となっています。10代を過ぎると急性リンパ性白血病の場合...

≫続きを読む

白血病の生存率【30代が発症頻度は比較的少ない?】

10代から30代が発症頻度は比較的少ないです。そして45歳を過ぎると発症率が高まり、さらに年齢を重ねるほど発症率が高くなります。60歳以上での寛解率(完治ではな...

≫続きを読む

白血病の生存率【70代は3倍以上の発症率?もう助からない?】

70代では3倍以上の発症率になります。高齢者発症の80%以上は急性骨髄性白血病であり、一部の病型を除いて、支持療法や抗がん剤を用いる化学療法の適応が中心になる場...

≫続きを読む

白血病の生存率【20代半ばはもっとも危険な時期?】

白血病は大きく4種類(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病)に分けられ、更に細かく分類されています。年齢性別関係ないですけ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク