白血球が少ない【赤血球が多い原因・対処法とは?】

スポンサーリンク




白血球が少ない【赤血球が多い原因・対処法とは?】

赤血球の数が少ない場合は、全身に十分な酸素を送る事が出来ないので貧血状態になります。また、女性の場合は、生理や妊娠の時に数値が低くなる場合があります。
数が多すぎると多血症という症状で、血液の流れが悪くなり、血管が詰まりやすくなります。

 

多血症は赤血球の総量が多いわけではありませんが、通常は血液の成分の半分以上を占める液体成分の血漿が減少するために、血液単位体積あたりの赤血球量が相対的に多いという結果となる状態です。

スポンサーリンク




実際に赤血球が増加している場合と、血液水分量が低下している見かけ上の場合があります。
原因には、原因不明なもの(真性)と、他の病気によるもの(二次性:心肺疾患、ストレス、腫瘍など)があります。詳しく調べてもらいましょう。

 

検査の「基準値」と言いますのは、その機関が使用している検査の機械を用いて、健常者の血液を検査してみたところ、全体の95%の人が含まれる範囲のことを指します。

 

著しい貧血の場合は、悪性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、白血病などの悪性の病気であることが多いため、白血球数、血小板数(この二つは赤血球数測定の際、いっしょに測定されています)、白血球分画、骨髄穿刺などの検査を行ないます。

 

白血球数が多いときは、体の中に細菌や異物が存在し、これを消化・無毒化するために白血球の生成が活発に行われていることを意味しています。つまり、「感冒」や「扁桃腺炎」など体のどこかに炎症がある場合です。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

赤血球が多い【風邪の感染症にかかるとどのように変化する?】

風邪は私たちにとって最も身近な猛威を振るうウイルスの一つと言えるでしょう。一口に風邪と言っても様々なタイプがあり、その年によって流行るウイルスの型が違います。風...

≫続きを読む

白血球が少ない【赤血球が多い原因・対処法とは?】

赤血球の数が少ない場合は、全身に十分な酸素を送る事が出来ないので貧血状態になります。また、女性の場合は、生理や妊娠の時に数値が低くなる場合があります。数が多すぎ...

≫続きを読む

赤血球が多い【食事の改善だけではダメ?】

もしも、Htが52%以上なら要注意です、食事の改善だけではダメかもしれません。貧血の中でもっとも多く見られるのが鉄欠乏性貧血で、貧血全体の60%〜80%を占めて...

≫続きを読む

赤血球が多い【治療も必要?生活改善策が最も効果的?】

赤血球増加症に対しては、薬を使った治療は行わず、日常生活のなかでの生活改善策が最も効果的といわれています。通常は血液の成分の半分以上を占める液体成分の血漿が減少...

≫続きを読む

赤血球が多いとどうなるの?

赤血球に含まれるヘモグロビンが多いことになりますので、酸素をとらえやすい体質で、例えば、高地などの酸素が薄い状況でも他の人と比べて耐えやすいなどのメリットがあり...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク