赤血球が多い【治療も必要?生活改善策が最も効果的?】

スポンサーリンク




赤血球が多い【治療も必要?生活改善策が最も効果的?】

赤血球増加症に対しては、薬を使った治療は行わず、日常生活のなかでの生活改善策が最も効果的といわれています。

 

通常は血液の成分の半分以上を占める液体成分の血漿が減少するために、血液単位体積あたりの赤血球量が相対的に多いという結果となる状態です。

スポンサーリンク




多血症になったときに行われる治療は、この病気が引き起こしうる別の病気を予防するためのものと言われています。多血症は心筋梗塞や脳卒中といった病気を引き起こす恐れがあるため、これらの病気を予防することが治療の目的と考えられているようです。

 

赤血球が多いと白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液悪性腫瘍、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群などの血球をうまく作れなくなる病気、血小板減少症や血友病などの出血しやすく、血が止まりづらい病気などがあります。

 

骨髄性、リンパ性とも、通常は副腎皮質ステロイド剤や各種抗がん剤を組み合わせた化学療法を行ないます。白血病細胞が脳や脊髄に浸潤している場合は、放射線療法が行なわれることもあります。

 

症状を伴う場合に、赤血球の数を減らす治療をします。瀉血(しゃけつ)といって、献血と同じように、約500mlの血液を抜き取ります。
高齢者や心血管系の合併症(狭心症等)がある場合には1回の瀉血量は少なくして回数を増やすようにします。

 

鉄剤が飲みにくい場合は鉄の静脈注射を行う事があります。
鉄は体内に限られた量しかありませんので、実際に不足している量を計算して決められた量の注射をする必要があります。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

赤血球が多い【風邪の感染症にかかるとどのように変化する?】

風邪は私たちにとって最も身近な猛威を振るうウイルスの一つと言えるでしょう。一口に風邪と言っても様々なタイプがあり、その年によって流行るウイルスの型が違います。風...

≫続きを読む

白血球が少ない【赤血球が多い原因・対処法とは?】

赤血球の数が少ない場合は、全身に十分な酸素を送る事が出来ないので貧血状態になります。また、女性の場合は、生理や妊娠の時に数値が低くなる場合があります。数が多すぎ...

≫続きを読む

赤血球が多い【食事の改善だけではダメ?】

もしも、Htが52%以上なら要注意です、食事の改善だけではダメかもしれません。貧血の中でもっとも多く見られるのが鉄欠乏性貧血で、貧血全体の60%〜80%を占めて...

≫続きを読む

赤血球が多い【治療も必要?生活改善策が最も効果的?】

赤血球増加症に対しては、薬を使った治療は行わず、日常生活のなかでの生活改善策が最も効果的といわれています。通常は血液の成分の半分以上を占める液体成分の血漿が減少...

≫続きを読む

赤血球が多いとどうなるの?

赤血球に含まれるヘモグロビンが多いことになりますので、酸素をとらえやすい体質で、例えば、高地などの酸素が薄い状況でも他の人と比べて耐えやすいなどのメリットがあり...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク