赤血球が多いとどうなるの?

スポンサーリンク




赤血球が多いとどうなるの?

赤血球に含まれるヘモグロビンが多いことになりますので、酸素をとらえやすい体質で、例えば、高地などの酸素が薄い状況でも他の人と比べて耐えやすいなどのメリットがあります。

 

現代人はストレスが多いので、そのせいで赤血球が多くなることありますしタバコでも多くなります。
また良くスポーツする人等も赤血球が多くなる傾向があります。

スポンサーリンク




水分不足などで脱水状態で血液が濃縮されていると相対的に赤血球数が多くなることもありますし、健康診断で朝から絶飲食の状態で採血を受けると軽い脱水気味になっていることが多く、このときは平常時より若干赤血球数は多めになります。

 

赤血球は骨髄の造血幹細胞で作られ、赤血球中の血色素(ヘモグロビン)と酸素が結びついて、全身に酸素を運ぶ役割をしています。栄養の偏りや骨髄の異常で赤血球が作られないとき(貧血)や、がんなどの病気で体のどこかで出血があるときには、赤血球数が減ります。

 

植物性の鉄分より動物性の鉄分の方が吸収効率がよく良くお勧めですが、レバーなど苦手な方も多いので無理しないで植物性や小魚など上手に摂取する事をすすめています。

 

疾病などによる一時的なもの、ストレスによるもの、原因不明のものまで多々あります。赤血球数が多いからといって、一概に慢性的な多血症(赤血球増多症)であるとは言えません。

 

貧血の場合は、繰り返さない為にも血液を増やし、食生活を見直して貧血を予防できるよう対策をとっていくことが大切です。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

赤血球が多い【風邪の感染症にかかるとどのように変化する?】

風邪は私たちにとって最も身近な猛威を振るうウイルスの一つと言えるでしょう。一口に風邪と言っても様々なタイプがあり、その年によって流行るウイルスの型が違います。風...

≫続きを読む

白血球が少ない【赤血球が多い原因・対処法とは?】

赤血球の数が少ない場合は、全身に十分な酸素を送る事が出来ないので貧血状態になります。また、女性の場合は、生理や妊娠の時に数値が低くなる場合があります。数が多すぎ...

≫続きを読む

赤血球が多い【食事の改善だけではダメ?】

もしも、Htが52%以上なら要注意です、食事の改善だけではダメかもしれません。貧血の中でもっとも多く見られるのが鉄欠乏性貧血で、貧血全体の60%〜80%を占めて...

≫続きを読む

赤血球が多い【治療も必要?生活改善策が最も効果的?】

赤血球増加症に対しては、薬を使った治療は行わず、日常生活のなかでの生活改善策が最も効果的といわれています。通常は血液の成分の半分以上を占める液体成分の血漿が減少...

≫続きを読む

赤血球が多いとどうなるの?

赤血球に含まれるヘモグロビンが多いことになりますので、酸素をとらえやすい体質で、例えば、高地などの酸素が薄い状況でも他の人と比べて耐えやすいなどのメリットがあり...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク