脳腫瘍 手術は名医と言われているドクターに頼もう!

スポンサーリンク




脳腫瘍 手術は名医と言われているドクターに頼もう!

信頼のおける医師に出会い、より良い治療を受けるためには、どうしたら良いのでしょうか? 
そのために必要なのは、患者力をつけることだと言われています。まずは病気になる前、つまり患者になる以前に患者力をつける必要があります。

 

医師の質が変わるかとというと決してそうではないので、今の病院でも大差ないように感じます。むしろ、今の病院での診断経過を読み解く限り、かなり健闘しているように感じられますね。正しく診断プロセスを進めています。信頼に足る医師だと思います。

スポンサーリンク




脳卒中をはじめとした脳血管疾患の本質は脳内や動脈硬化、心臓疾患の問題だけではなく、全身的な血液の循環、配分、質の乱れが直接的な要因として挙げられます。また症状の根源には、その人自身の生命力や免 疫力の低下が背景に存在します。

 

腫瘍が大きくなれば手術による切除が第一選択になり、摘出率が100%に近いほど再発率は低くなります。しかし悪性の場合は腫瘍が正常な脳細胞にしみ込むように広がっているため、仮に完全に取りきろうとして切除範囲を広げると、脳の機能を大きく損ないます。

 

手術といっても、悪性脳腫瘍の手術は難しく高度な技術が必要なため、経験症例数の多い名医の方が良いのではないかと想像できます。

 

腫瘍は、しっかりとした判断が必要になってきます。手術なのか、放射線治療なのか。もし手術となれば50例以上の患者さんを手術した経験のある脳外科の先生に手術をしてもらうことを勧めます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

脳腫瘍 手術の後遺症はどんなものがあるのか?

脳腫瘍の種類によっては進行が早い場合もあり、このあたり(後遺症も含めて)はケースバイケースです。もちろん、放置すればどうなるかはきっちり医師に確認しましょう。皮...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術は名医と言われているドクターに頼もう!

信頼のおける医師に出会い、より良い治療を受けるためには、どうしたら良いのでしょうか? そのために必要なのは、患者力をつけることだと言われています。まずは病気にな...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術の時間は12時間以上になる?

手術時間は疾患や手術手技によって異なります。最も短いものであれば局所麻酔(患者さんの意識はあり、切開する部分にのみ痛み止めの麻酔薬を注射する)を用いた手術になり...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術 成功率 3cmを越えると治りにくくなる?

定位放射線治療は、患部にだけ高線量の放射線を集中させて照射する方法です。ただし、腫瘍の大きさが3cmを越えると治りにくくなります。また、患部の数や位置によっては...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術失敗のリスクがでかすぎる?

脳梗塞にかかってしまうことになったんですがこの病気にかかると手術のあとも半身麻痺といった症状が残ってしまうことになります。最悪のケースを正直に話す先生は、リスク...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術の入院期間はかなり長い?

入院期間や治療にかかる費用については片麻痺がありリハビリが必要な場合や寝たきりの状態になってしまった場合には回復期リハビリテーション病院への転院待ちの時間も生じ...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術の成功率数パーセント?

成功率及び重大合併症率(死亡率も含む)によって、真に良い病院がわかります。そして、ドクター自身の難手術の経験数と重大合併症リスク率、患者さんからの感謝の数が良医...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術方法・生存率は?

部分症状であっても検査上進行していく事が予想されるタイプでは、さまざまな方法を使って治療が行われます。病気のタイプによって、治療法が異なりますが、最も強力な治療...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク