脳腫瘍 手術の入院期間はかなり長い?

スポンサーリンク




脳腫瘍 手術の入院期間はかなり長い?

入院期間や治療にかかる費用については片麻痺がありリハビリが必要な場合や寝たきりの状態になってしまった場合には回復期リハビリテーション病院への転院待ちの時間も生じるため数週間から1-2ヶ月の入院となることもあります。

 

患者さんによって大分入院期間の認識は異なるようです。

スポンサーリンク




手術後でも数日で退院できると思っている方から、数週間は入院するつもりで考えている人まで、様々です。
もちろん、手術でなにか不測の事態が起きたり、術後になんらかのトラブルがあればそれによって入院期間は延びていきます。

 

良性とはいえ次第に大きくなってくると、周辺の大事な組織(内頚動脈や視神経そのもの)に腫瘍がさらに絡まってくると、手術をしても合併症がでる可能性が高くなってきます。もちろん命にかかわるような合併症の可能性も高くなります。

 

脳腫瘍治療では、保険の効かない先進医療として、粒子線治療なども行われています。この粒子線治療の場合、自己負担額は約300万円にもなります。
放射線治療と化学療法(抗がん剤治療)をするので、入院期間は3ヶ月ほどかかることもあります。

 

入院期間は個人差がありますが、一般的に手術の数日前から入院し、術後の経過が良ければ最短で2週間退院となるとのこと。
術後も経過を見るために通院が必要になるため、長い目で付き合っていくことが大切です。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

脳腫瘍 手術の後遺症はどんなものがあるのか?

脳腫瘍の種類によっては進行が早い場合もあり、このあたり(後遺症も含めて)はケースバイケースです。もちろん、放置すればどうなるかはきっちり医師に確認しましょう。皮...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術は名医と言われているドクターに頼もう!

信頼のおける医師に出会い、より良い治療を受けるためには、どうしたら良いのでしょうか? そのために必要なのは、患者力をつけることだと言われています。まずは病気にな...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術の時間は12時間以上になる?

手術時間は疾患や手術手技によって異なります。最も短いものであれば局所麻酔(患者さんの意識はあり、切開する部分にのみ痛み止めの麻酔薬を注射する)を用いた手術になり...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術 成功率 3cmを越えると治りにくくなる?

定位放射線治療は、患部にだけ高線量の放射線を集中させて照射する方法です。ただし、腫瘍の大きさが3cmを越えると治りにくくなります。また、患部の数や位置によっては...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術失敗のリスクがでかすぎる?

脳梗塞にかかってしまうことになったんですがこの病気にかかると手術のあとも半身麻痺といった症状が残ってしまうことになります。最悪のケースを正直に話す先生は、リスク...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術の入院期間はかなり長い?

入院期間や治療にかかる費用については片麻痺がありリハビリが必要な場合や寝たきりの状態になってしまった場合には回復期リハビリテーション病院への転院待ちの時間も生じ...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術の成功率数パーセント?

成功率及び重大合併症率(死亡率も含む)によって、真に良い病院がわかります。そして、ドクター自身の難手術の経験数と重大合併症リスク率、患者さんからの感謝の数が良医...

≫続きを読む

脳腫瘍 手術方法・生存率は?

部分症状であっても検査上進行していく事が予想されるタイプでは、さまざまな方法を使って治療が行われます。病気のタイプによって、治療法が異なりますが、最も強力な治療...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク