くも膜下出血 後遺症でリハビリしても助からない?

スポンサーリンク




くも膜下出血 後遺症でリハビリしても助からない?

ダメージを受けた部位により合併症や二次障害、呼吸障害や言語障害、麻痺などによる運動障害などの様々な後遺症も多く残る病気とされています。
重要となってくるのは早期の治療とリハビリテーションです。

 

くも膜下出血は、症状が起きた後のリハビリによって症状の改善が望める病気です。
逆に、リハビリを行わないことによって症状が悪化するといった自体が発生したします。

スポンサーリンク




発症・治療直後は全身状態が変化しやすく、再度危険な状態になりやすいため生命維持が優先されますので、超急性期のリハビリテーションは議論があるところです。安静にしておかなければならない理由はなく、病状に応じて徐々に起床、ベッド周辺でのリハビリテーションを開始します。

 

ベット上安静が基本となりますが、近年の報告では適切なリスク管理の元で早期離床も推奨されています。
リハビリの早期介入は身体機能の維持に繋がります。寝たきりの期間を減らすという意味でも重要となります。

 

くも膜下出血が起きて脳に損傷を受けた場合に、食べ物の飲み込みに障害が出る嚥下障害が出たり、話す、聞く、書くなどの言語に関係する器官に障害が出る言語障害になることがあり、いずれも言語聴覚士がリハビリに携わります。

 

くも膜下出血を発症した方のうち、50%の方が生還され、生還された30%の方に後遺症が残りますが、予後のリハビリで通常の暮らしを問題なく過ごせる様になる方もいます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

くも膜下出血 後遺症で認知症に高確率でなる?

くも膜下出血は全脳卒中の約8%を占め、その病態は重篤で致死率も高いです。また、合併症により様々な後遺症をきたし、中でも、認知症や記憶障害などの高次脳機能障害は社...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症として牙を剥く高次脳機能障害とは?

高次脳機能障害は、脳実質内への出血や脳血管攣縮による脳梗塞で前頭葉が障害されたり、頭蓋内圧の亢進で前頭葉が圧迫されることで生じます。認知症は正常圧水頭症を合併し...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症で寝たきり患者になる可能性は?

頭部外傷、くも膜下出血、脳出血、いずれにせよ寝たきりになりうる病気です。一つ、悲しい事実として、10歳以下の子供は別として、成人で一度失われた脳の機能は基本的に...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症の記憶障害でほとんど覚えられない?

くも膜下出血後の認知症、記憶障害は様々な影響を受けて引き起こされます。頭蓋内圧亢進や手術による侵襲、水頭症などは一時的なものであることが多く、経過により改善する...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症でリハビリしても助からない?

ダメージを受けた部位により合併症や二次障害、呼吸障害や言語障害、麻痺などによる運動障害などの様々な後遺症も多く残る病気とされています。重要となってくるのは早期の...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症は目の焦点が合いにくくなる?

見た目の後遺症はないですが、目に見えない後遺症で現実は大変です。人によって視力障害の訴えは様々ですが、主な症状は以下の3つです。視力の著しい低下視界がぼやける明...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症の確率は非喫煙者の2倍以上?

くも膜下出血の予防の第1歩は禁煙です。喫煙者の発症確率は非喫煙者の2倍以上です。体のことを考えて禁煙するようにしましょう。高血圧の方は特に、血圧のコントロールが...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症 感情や行動の抑制がきかなくなる?

脳の前頭葉(前の方)や側頭葉(側面の下部)などがおかされると、注意力や集中力の低下、やる気がなくなる、感情や行動の抑制がきかなくなる(突然泣いたり怒ったりする)...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症 治療は早期の硝子体切除術が有効?

治療は早期の硝子体切除術が有効です。硝子体腔に多量の血腫が長期に存在すると再出血を起こす可能性があること、それに比して早期に手術を行えば劇的な視力改善と社会復帰...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク