くも膜下出血 後遺症 治療は早期の硝子体切除術が有効?

スポンサーリンク




くも膜下出血 後遺症 治療は早期の硝子体切除術が有効?

治療は早期の硝子体切除術が有効です。
硝子体腔に多量の血腫が長期に存在すると再出血を起こす可能性があること、それに比して早期に手術を行えば劇的な視力改善と社会復帰を早められることが強調されるようになってきました。

 

くも膜下出血は治療しても再出血によって再発する可能性を持っています。再出血は早くて24時間以内、遅くて2週間前後に起こります。再出血は発症の原因となっている脳動脈瘤が再度破裂することで起こり、外科手術での対処が必要になります。

スポンサーリンク




くも膜下出血の検査はCTスキャンが一般的なのですが、発症してから時間が経っている場合や、症状の程度が軽かった場合などには、画像に表れないことがあります。だから、CTスキャンに映っていないからと言って、くも膜下出血ではないと言いきれないので注意が必要です。

 

くも膜下出血を発症し治療を受け一命をとりとめても25%の確率で後遺症が残ります。
後遺症は脳のどの部分に障害を受けたか?で変わりますが、体の左半分だけ、あるいは右半分だけに麻痺が残ることが多いです。

 

再出血予防は外科治療になりますが、攣縮予防は薬での治療となります。

 

この際、用いられる薬としては高張輸液やアルギン酸やアルブミンの投与となります。
これらの投薬を行うことで、細くなっている血管が詰まらないように 血圧を上げたりという処置を行っていくのです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

くも膜下出血 後遺症で認知症に高確率でなる?

くも膜下出血は全脳卒中の約8%を占め、その病態は重篤で致死率も高いです。また、合併症により様々な後遺症をきたし、中でも、認知症や記憶障害などの高次脳機能障害は社...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症として牙を剥く高次脳機能障害とは?

高次脳機能障害は、脳実質内への出血や脳血管攣縮による脳梗塞で前頭葉が障害されたり、頭蓋内圧の亢進で前頭葉が圧迫されることで生じます。認知症は正常圧水頭症を合併し...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症で寝たきり患者になる可能性は?

頭部外傷、くも膜下出血、脳出血、いずれにせよ寝たきりになりうる病気です。一つ、悲しい事実として、10歳以下の子供は別として、成人で一度失われた脳の機能は基本的に...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症の記憶障害でほとんど覚えられない?

くも膜下出血後の認知症、記憶障害は様々な影響を受けて引き起こされます。頭蓋内圧亢進や手術による侵襲、水頭症などは一時的なものであることが多く、経過により改善する...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症でリハビリしても助からない?

ダメージを受けた部位により合併症や二次障害、呼吸障害や言語障害、麻痺などによる運動障害などの様々な後遺症も多く残る病気とされています。重要となってくるのは早期の...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症は目の焦点が合いにくくなる?

見た目の後遺症はないですが、目に見えない後遺症で現実は大変です。人によって視力障害の訴えは様々ですが、主な症状は以下の3つです。視力の著しい低下視界がぼやける明...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症の確率は非喫煙者の2倍以上?

くも膜下出血の予防の第1歩は禁煙です。喫煙者の発症確率は非喫煙者の2倍以上です。体のことを考えて禁煙するようにしましょう。高血圧の方は特に、血圧のコントロールが...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症 感情や行動の抑制がきかなくなる?

脳の前頭葉(前の方)や側頭葉(側面の下部)などがおかされると、注意力や集中力の低下、やる気がなくなる、感情や行動の抑制がきかなくなる(突然泣いたり怒ったりする)...

≫続きを読む

くも膜下出血 後遺症 治療は早期の硝子体切除術が有効?

治療は早期の硝子体切除術が有効です。硝子体腔に多量の血腫が長期に存在すると再出血を起こす可能性があること、それに比して早期に手術を行えば劇的な視力改善と社会復帰...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク