くも膜下出血 意識不明の生存率は数パーセント?

スポンサーリンク




くも膜下出血 意識不明の生存率は数パーセント?

命が助かる割合が6割と考えると、それほど重病ではないように感じられますが、くも膜下出血の生存率を左右するのは再出血前に治療を行えるか否かにかかっています。
もし、最初の出血を放置すると、ほぼ100%命を落とします。

 

くも膜下出血の生存率は60〜70%と言われています。これはかなり危険な病気であることを表します。医療の進歩が発展している中、くも膜下出血を発症してしまった人のうち30〜40%は亡くなっているわけです。

スポンサーリンク




治療しても再発や後遺症でさらに3分の1の患者が倒れ、残り3分の1の患者が社会復帰できるという具合です。
つまり、くも膜下出血の生存率は約33%程度ということになります。医学の進歩によって生存率は緩やかに上昇していますが、早期発見と治療が大事であることには変わりないのです。

 

大切な家族、またあなたがくも膜下出血を起こしたならなんとかして一命を取り留めてほしいでしょうしできれば、再発だけは避けたいですからね。
ですがくも膜下出血を起こしても手術をしない、というよりできない場合があります。

 

クモ膜下出血は若い年代に発症する(働き盛りの40〜50歳が中心で、男性より女性の割合が多い)傾向があり、普段から気をつけなければなりません。

 

既に意識障害を来しているということは、かなり悪い状態であることが分かります。そして、手術の目的はまず救命することなのです。
術後に救命できたとしても植物状態になる可能性も十分ありえます。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

くも膜下出血 意識不明の生存率は数パーセント?

命が助かる割合が6割と考えると、それほど重病ではないように感じられますが、くも膜下出血の生存率を左右するのは再出血前に治療を行えるか否かにかかっています。もし、...

≫続きを読む

くも膜下出血 意識不明から回復した事例はある?

発症した時の状態と意識状態は関連していることが多く、発症して再出血等を起こすなどによってはその時に意識不明の状態に陥り処置ができないまま亡くなることも少なくない...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク