くも膜下出血 意識不明から回復した事例はある?

スポンサーリンク




くも膜下出血 意識不明から回復した事例はある?

発症した時の状態と意識状態は関連していることが多く、発症して再出血等を起こすなどによってはその時に意識不明の状態に陥り処置ができないまま亡くなることも少なくないようで、また発症初期の状態で意識不明状態の方が回復される可能性はかなり低いようです。

 

くも膜下出血でICUから出された場合の個室の一般病棟の場合は、患者の好きな香りをかがせるというような事で回復を見込むことが出来ます。
臭いは直接脳に働きかけ交感神経系を活性化してくれるのです。

スポンサーリンク




6ヵ月過ぎてしまったら、回復は右肩上がりにはならず、平行線か下り坂になることもあります。

 

レベル5のくも膜下出血の予後は死もしくは植物状態です。
話しかけに少しの反応をしたり、自分の意志で身体を少し動かすようになったら、よい方なのです。

 

働き盛りの人が突然倒れるという現象は決して珍しいことではないです。
人の目がある会社内で倒れた場合はすぐに病院で処置ができる幸運はあるが、不幸にしてそのまま意識が戻らないこともあります。

 

治療は脳内のアセチルコリンを増やすシチコリン(脳代謝改善薬)など、脳を賦活(ふかつ)させて意識の回復を目指すことが行なわれます。
また、脳内に電極を埋めて電気刺激を行なうこともある。しかし、これで回復しなければ、治療の手段がないというのが現状のようですね。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

くも膜下出血 意識不明の生存率は数パーセント?

命が助かる割合が6割と考えると、それほど重病ではないように感じられますが、くも膜下出血の生存率を左右するのは再出血前に治療を行えるか否かにかかっています。もし、...

≫続きを読む

くも膜下出血 意識不明から回復した事例はある?

発症した時の状態と意識状態は関連していることが多く、発症して再出血等を起こすなどによってはその時に意識不明の状態に陥り処置ができないまま亡くなることも少なくない...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク