ユーイング肉腫 治療期間とは?

スポンサーリンク




ユーイング肉腫 治療期間とは?

骨肉腫やユーイング肉腫と診断された場合には治療前の化学療法の併用が必須になりますが、トータルで半年から1年程度の治療期間が必要となります。

 

放射線療法や化学療法(抗がん薬)に対する反応はよいのですが、転移しやすく、骨や肺への転移のために5年生存率は10?40%程度と悪性度の高い腫瘍です。

 

Ewing肉腫に対しては、まず化学療法を約3ヶ月間行った後、外科的切除や放射線による局所治療を行い、その後にも化学療法を追加します。全治療期間は約12ヶ月程度です。

スポンサーリンク




手術だけを行っていた時代には、取り残しのない手術をしても、約10?20%の5年生存率でした。そのため、現在では手術の前と後に化学療法を追加して行うことが一般的です。その結果、現在の方法では、5年生存率が約70%程度まで改善されています。

 

原発性の骨のがんには、骨肉腫、軟骨肉腫、ユーイング肉腫、脊索腫、などがあります。これらの中で骨肉腫が最も多くみられます。原発性の骨のがんは発生頻度が低いため、診断と治療には専門的な知識が必要であり、専門の病院で治療を受けることが重要です。

 

診断としては、典型的には、単純X線写真で長管骨骨幹部などに虫食い状moth-eatenの不規則で境界不明瞭な骨破壊とタマネギの皮様onion peelと表現されるような骨膜反応がみられます。

 

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

ユーイング肉腫 治療期間とは?

骨肉腫やユーイング肉腫と診断された場合には治療前の化学療法の併用が必須になりますが、トータルで半年から1年程度の治療期間が必要となります。放射線療法や化学療法(...

≫続きを読む

ユーイング肉腫 治療 プロトコールとは?

治療中はプロトコール(※訳注:治療計画書)に従って薬剤の投与などの積極的な治療が行われていたのに、そのような治療が必要なくなり、代わりに経過観察のみが行われるよ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク