くも膜下出血 手術 カテーテルで再破裂を防ぐ処置をする?

スポンサーリンク




くも膜下出血 手術 カテーテルで再破裂を防ぐ処置をする?

くも膜下出血と診断した場合は脳血管撮影を行います。股の動脈から針を刺して脳の血管にカテーテルを入れて造影します。この検査で破裂した脳動脈瘤を確認します。 MRIはくも膜下出血の急性期にはあまり有用ではありません。

 

カテーテル治療が進化したことにより、脳に触れることなく手術ができるようになったわけですが、問題もあります。
医師によって技術差があまりにも大きいことから、患者さんからすると、医師を選ぶのが難しいです。

スポンサーリンク




コイル塞栓術に特有の現象として血栓ができやすくなります。血栓とは血液のかたまりで、血管の中にできると血液がうまく流れなくなります。血栓が脳血管を塞ぐと脳にダメージを与えます。

 

コイル法が用いられます。局所(全身)麻酔をかけて、股の付け根からカテーテル(医療用の管)を送り込み、脳動脈瘤に達したカテーテルの先端から白金製のコイルをだします。レントゲン画像をみながら、脳動脈瘤のなかで毛糸球をくるくる巻くようにコイルを巻いていきます。

 

一般の患者さんは皆カテーテル治療に対してあまりに楽観的な印象を持っています。
足や腕にカテーテル挿入のための小さな傷がつくだけで、体の表面に傷はほとんどつきません。

 

これは手術でメスが入ることに比べての最も大きな利点です。

 

血管内治療は体への負担がすこぶる少ないが、まだ開発されてから20年もたっていないため、予後等の実績データがまだ少ない治療方法のようです。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

くも膜下出血 手術の成功率は10%以下?

手術も再出血の恐れがあり成功率はけして高くないこと。しかし手術しなければ確実に助からないことがあります。再破裂の危険性が高いので緊急的に脳血管撮影を行い、出血の...

≫続きを読む

くも膜下出血 手術の時間や費用は高い?

くも膜下出血の手術の時間は、破裂した動脈瘤がどこにあるのかによって、違いがあります。最も時間がかかるのが椎骨動脈瘤で、短くても4時間はかかるとされています。手術...

≫続きを読む

くも膜下出血 手術できないことが大半?

昏睡状態やきわめて全身状態の悪い患者さんの場合には、残念ながら手術治療ができない、または適応がない場合もあります。再出血予防治療は薬では無理で、手術的治療に限ら...

≫続きを読む

くも膜下出血 手術 カテーテルで再破裂を防ぐ処置をする?

くも膜下出血と診断した場合は脳血管撮影を行います。股の動脈から針を刺して脳の血管にカテーテルを入れて造影します。この検査で破裂した脳動脈瘤を確認します。 MRI...

≫続きを読む

くも膜下出血 手術 コイル塞栓術が用いられている?

コイルの変型などにより瘤が再び増大することがあります。増大が続く時は、放置すれば破裂の危険性が高まるため再度、手術が必要です。開頭手術(クリッピング術)を行うの...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク