くも膜下出血 手術 コイル塞栓術が用いられている?

スポンサーリンク




くも膜下出血 手術 コイル塞栓術が用いられている?

コイルの変型などにより瘤が再び増大することがあります。増大が続く時は、放置すれば破裂の危険性が高まるため再度、手術が必要です。開頭手術(クリッピング術)を行うのか、あるいは血管内手術(コイル塞栓術)を再び行うのか、再度検討を行います。

 

脳動脈にできた“こぶ”である脳動脈瘤の破裂を予防するため、こぶの中にプラチナ製の非常に細くてやわらかいコイルを詰めたりするといった、「頭を切らずに行える治療」(脳血管内治療、つまり脳血管のカテーテル治療)が行われるようになっています。

スポンサーリンク




マイクロカテーテルの中にプラチナ製の細い糸(コイル)を送りこみ、動脈瘤の中で糸を巻くようにして丸めて動脈瘤内を詰め、切り離して置いてきます。コイルは動脈瘤の大きさにより何本も必要とされます。最終的に動脈瘤が完全に詰まったのを確認した後、カテーテルを抜去し、手技を終了します。

 

稀ではありますがコイルがずれたり飛び出したりする危険性や、治療が不充分な場合には動脈瘤が大きくなったり、破裂する、といった可能性があります。

 

最近では、脳血管内治療として、脳動脈瘤内のコイル塞栓術も行われるようになってきました。
また、手術をするまでの間は、絶対安静とし、血圧を安定させることが重要です。

 

重症者は治療でさらに脳を傷める恐れがある。薬物治療で手術可能な状態への回復を待つこともあるが、その間に再出血を起こすこともあります。

 

一方で、出血による血腫が多い場合、脳動脈瘤がかなり小さい場合、逆にとても大きい場合、形状がコイリングに向いていない場合(脳動脈瘤のつけね部分が広い)などにはクリッピング術の方が良いと言われています。

スポンサーリンク




おすすめ記事

 

くも膜下出血 手術の成功率は10%以下?

手術も再出血の恐れがあり成功率はけして高くないこと。しかし手術しなければ確実に助からないことがあります。再破裂の危険性が高いので緊急的に脳血管撮影を行い、出血の...

≫続きを読む

くも膜下出血 手術の時間や費用は高い?

くも膜下出血の手術の時間は、破裂した動脈瘤がどこにあるのかによって、違いがあります。最も時間がかかるのが椎骨動脈瘤で、短くても4時間はかかるとされています。手術...

≫続きを読む

くも膜下出血 手術できないことが大半?

昏睡状態やきわめて全身状態の悪い患者さんの場合には、残念ながら手術治療ができない、または適応がない場合もあります。再出血予防治療は薬では無理で、手術的治療に限ら...

≫続きを読む

くも膜下出血 手術 カテーテルで再破裂を防ぐ処置をする?

くも膜下出血と診断した場合は脳血管撮影を行います。股の動脈から針を刺して脳の血管にカテーテルを入れて造影します。この検査で破裂した脳動脈瘤を確認します。 MRI...

≫続きを読む

くも膜下出血 手術 コイル塞栓術が用いられている?

コイルの変型などにより瘤が再び増大することがあります。増大が続く時は、放置すれば破裂の危険性が高まるため再度、手術が必要です。開頭手術(クリッピング術)を行うの...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク