悪性リンパ腫 症状 出血の症状を伴う場合

スポンサーリンク




悪性リンパ腫 症状 出血の症状を伴う場合

血小板は血を固まらせる作用を持っている血液の中にある細胞です。これが減少してくると血が固まらなくなり、消化管から出血したり、脳出血を起こしたりします。この場合にも、抗がん剤の量を減らしたり、投薬を止めたりして対応します。

 

悪性リンパ腫の代表的症状は、だるさ、息切れ、動悸、発熱、肺炎、貧血、歯茎から出血やあざ、鼻血、肝臓・脾臓・リンパ節の腫れ、歯茎の腫れ。血液検査では赤血球、白血球、血小板が減ることで気付くことが多いですね。

 

また急性では歯肉や鼻からの出血、皮下出血がみられますが、逆に慢性では脾臓の腫れや上腹部の不快感を感じることもあります。

スポンサーリンク




適切な治療法を選択するには,正確な組織診断と臨床病期診断が必要であり,その診断に対する知識が不可欠なものと思われます。

 

貧血症状や出血傾向(血小板減少、DIC[播種性血管内凝固症候群]などによる)もしばしば現れます。とくに急性前骨髄球性白血病では、DICによる脳出血の危険性があるため、診断がついたら即刻入院・治療が必要です。

 

悪性リンパ腫の診断の基本は組織診断と臨床病期診断であり,これらは治療法を決定する上で極めて重要となります。

 

菌状息肉症の症状は、次のように進みます。

 

紅斑期→扁平浸潤期→腫瘤期→内臓浸潤期

 

扁平浸潤期では、紅斑の部分の皮膚が厚みを増し、
やや固く触れるようになります。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

悪性リンパ腫 症状 痛みとは?

悪性リンパ腫の腫れやしこりでは、痛みがないところが特徴的ですが、まれに腫瘍が急速に大きくなることにより、痛みや発熱などを伴うこともあります。胃がんの場合は食欲不...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 症状 かゆみとは?

赤血球の現象で動悸や息切れ、体全体がだるくなる症状や皮膚のかゆみもが起こることがあります。腹痛、吐き気がある場合は胃腸の悪性リンパ腫と考えられます。悪性リンパ腫...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 症状 子供の場合

子供なのでいつもの風邪かちょっとした発熱と考えるかもしれませんが、小児悪性リンパ腫も疑いましょう。小児の場合、進行速度が成人に比べて圧倒的に早いので早めの処置が...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 症状 末期症状で起こることとは?

高カロリー輸液などの輸液についても余計に苦痛を増すこともしばしばであり、終末期の患者さんに行なう際には慎重な検討を要します。体重が減り続けるならば、悪性リンパ腫...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 症状 しこりとは?

単なるリンパ節の腫れの場合、放っておけば消滅しますが、一部快方後も消滅せずに残る場合があります。ただ、その場合でもシコリがどんどん大きくなることはありません。悪...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 症状 喉の違和感は?

人間の「のど」は、咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)からできています。このうち咽頭は鼻の奥から食道までの、食べ物と空気が通る部分で、上咽頭、中咽頭、下咽頭に分か...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 症状 胃の不快感とは?

症状としては、腹痛・胃痛・胃もたれ・胃の不快感などといった、他の胃の病気と似た症状を契機に内視鏡検査を受け て見つかることが多いのですが、無症状で会社の検診(バ...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 症状 頭痛がひどい場合は?

悪性リンパ腫が疑われ、専門的な検査や治療を受ける必要があると判断されたら、大きな病院の「血液内科」「血液腫瘍内科」を受診してください。腫瘍が大きくなって、頭蓋骨...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 症状 出血の症状を伴う場合

血小板は血を固まらせる作用を持っている血液の中にある細胞です。これが減少してくると血が固まらなくなり、消化管から出血したり、脳出血を起こしたりします。この場合に...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の症状【皮膚に原発するT細胞リンパ腫とは?】

皮膚に原発するT細胞リンパ腫の代表が菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう)とセザリー症候群であり、皮膚T細胞リンパ腫と総称されます。また、菌状息肉症とセザリー症...

≫続きを読む

悪性リンパ腫の症状【湿疹や痒みが出た場合には?】

全身に広がった悪性のリンパ球は皮膚上に影響を及ぼすこともあります。皮膚上に赤みを帯びた湿疹ができ、痒みが発生してしまいます。特に夜、眠れないくらいの痒みに悩まさ...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク