脳の悪性リンパ腫 余命は?

スポンサーリンク




脳の悪性リンパ腫 余命は?

脳のどこにでもできる悪性腫瘍で,脳腫瘍の3%くらいです
悪性のBリンパ球が脳の中で勢いよく増えるので注意ですね。

 

悪性リンパ腫は、ホジキンリンパ腫(Hodgkin’s lymphoma)とB細胞リンパ腫、T/NK細胞リンパ腫の3つに大別されています。Hodgkin病はリンパ節に発生して一般的にはリンパ節からリンパ節へ広がっていく病変で中枢神経系に転移することは稀です。

 

脳腫瘍には、良性と悪性の2種類あります。たとえ良性の腫瘍であっても、頭蓋内という限られたスペース内に発生する脳腫瘍は、大きくなると正常な脳を圧迫し障害をおこし、治療の対象になります。

スポンサーリンク




悪性度の高いものは、神経を支える支持細胞であるグリアが腫瘍化した悪性グリオーマ、リンパ球が腫瘍化した悪性リンパ腫などがその代表格です。

 

頭痛、嘔気、嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状や精神症状があります。脳悪性リンパ腫は進行が早い腫瘍ですので、症状が出始めてからどんどん悪化していくことが多いです。

 

ほかの癌との大きく違う点の1つです。まず正確な病名を確認した上で,治療方法や予想される経過などについて詳しく説明を受けて下さい。

 

周辺の正常組織と明瞭な境界をもって接しているものは良性で、境界が明瞭でなく被膜もなく、タコの足のように正常組織内に浸潤しているものは悪性と判断されます。

 

正直「余命宣告」のような内容で大きなショックを受けている方も大勢います。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

脳の悪性リンパ腫 余命は?

脳のどこにでもできる悪性腫瘍で,脳腫瘍の3%くらいです悪性のBリンパ球が脳の中で勢いよく増えるので注意ですね。悪性リンパ腫は、ホジキンリンパ腫(Hodgkin’...

≫続きを読む

犬の悪性リンパ腫 余命は?

犬の悪性リンパ腫とは、全身のいたるところに存在しているリンパ組織がガン化した状態を言い、リンパ肉腫とも呼ばれます。寛解する可能性があります。しかしながら寛解は一...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク