犬の悪性リンパ腫 余命は?

スポンサーリンク




犬の悪性リンパ腫 余命は?

犬の悪性リンパ腫とは、全身のいたるところに存在しているリンパ組織がガン化した状態を言い、リンパ肉腫とも呼ばれます。

 

寛解する可能性があります。しかしながら寛解は一時的で、ほとんどの犬は再発してしまいます。そして再発後の治療はかなり困難なものになります。

 

早期発見と早期治療が何より大切です。発症しやすいといわれる犬種を飼っている場合は、日頃からあごやわきの下、足のつけ根などのリンパ節を含め、全身の皮膚に腫れやしこりがないか、愛犬のボディチェックを行いましょう。

スポンサーリンク




犬のリンパ腫はすべての犬の癌の約7-25%の割で発生する一般的な癌です。通常、中年の犬と老犬(年齢の5-9歳の間)に発生しやすいです。

 

腫瘍のタイプとしては、多中心型2例、消化器型4例、皮膚型2例と統計的な分類型とは異なり、消化器型が多く見られます。

 

犬の悪性リンパ腫の場合、体中にあるリンパ節の部位により症状もことなります。
一般的には、「あごの下」「脇の下」「股の付け根」「胸腔」「腹腔」とカラダのいたるところで発症します。

 

リンパ腫の進行にともなって、食欲不振や元気消失、体重減少、嘔吐・下痢、発熱、呼吸困難、胸水などの症状があらわれます。そのような状態になると、治療が逆に体の負担になる場合もあります。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

脳の悪性リンパ腫 余命は?

脳のどこにでもできる悪性腫瘍で,脳腫瘍の3%くらいです悪性のBリンパ球が脳の中で勢いよく増えるので注意ですね。悪性リンパ腫は、ホジキンリンパ腫(Hodgkin’...

≫続きを読む

犬の悪性リンパ腫 余命は?

犬の悪性リンパ腫とは、全身のいたるところに存在しているリンパ組織がガン化した状態を言い、リンパ肉腫とも呼ばれます。寛解する可能性があります。しかしながら寛解は一...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク