悪性リンパ腫 再発 生存率とは?

スポンサーリンク




悪性リンパ腫 再発 生存率とは?

悪性リンパ腫は化学療法が良く効くので、寛解に入る人は多いが、低悪性度は再発も多いのが特徴。そのため完治することは少ないです。

 

私は再発の場合医者に通達された半分と考えます。
50%と言われれば、再発の場合は25%。再々発と言われれば10%程度です。

 

大体5年生存率を目安としてお考えください。
特に日本の悪性リンパ腫の約90%を占める非ホジキンリンパ腫では、ステージI~II期であれば、放射線治療により約50%の患者が治癒できるとされています。

スポンサーリンク




再発した場合でも病院や、治療方法も様々で、早期に発見して治療を行うことで治すことが可能といわれており、早期であれば予後も生存率も良好のようです。

 

最近では、悪性リンパ腫でも初期の段階であれば5年生存率が70〜90%、病態が悪化している場合であれば50%未満という見方が一般的です。放射線治療や抗がん剤治療の最先端医療を受けられるようになり、5年生存率も高くなりつつあります。

 

悪性リンパ腫の抗がん剤治療により完解し、その後に再発をした患者の多くは2年以内に再発する事が多く、その割合は2年以内に8〜9割の患者が集中する傾向があります。

 

悪性リンパ腫においての生存率ついて、進行の早い場合の中度性度以上のリンパ腫の場合では抗がん剤が効きにくく最終的に中々治りにくい状況にあり化学療法においても生存期間が延長する効果はまだ確認がされていないようです。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

悪性リンパ腫 再発 生存率とは?

悪性リンパ腫は化学療法が良く効くので、寛解に入る人は多いが、低悪性度は再発も多いのが特徴。そのため完治することは少ないです。私は再発の場合医者に通達された半分と...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 再発 予後はどう?

再発した場合でも病院や、治療方法も様々で、早期に発見して治療を行うことで治すことが可能といわれており、早期であれば予後も生存率も良好のようです。悪性リンパ腫とい...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 再発 高齢者の場合は?

リンパ節以外のさまざまな臓器・部位にも発生します。高齢者でより頻度が高い腫瘍です。 主な症状はリンパ節のはれ・しこりや圧迫感で、頸部(けいぶ)、腋(わき)の下、...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク