悪性リンパ腫 再発 予後はどう?

スポンサーリンク




悪性リンパ腫 再発 予後はどう?

再発した場合でも病院や、治療方法も様々で、早期に発見して治療を行うことで治すことが可能といわれており、早期であれば予後も生存率も良好のようです。

 

悪性リンパ腫という病名は、さまざまなリンパ系組織のがんを大きくまとめて呼ぶ名前で、その中に含まれる個々の疾患の臨床経過や治療反応性、あるいは予後は大きく異なります。

 

予後が良好なケースが多く、非ホジキンリンパ腫の場合には、種類が多いため一概にはいえませんが、ホジキンリンパ腫と比較すると、予後が不良になる傾向があります。

スポンサーリンク




悪性リンパ腫の抗がん剤治療により完解し、その後に再発をした患者の多くは2年以内に再発する事が多く、その割合は2年以内に8〜9割の患者が集中する傾向があります。

 

治療法選択の判断基準ともなる「国際予後指標」が作成されています。この合計の点数が高いほど予後は期待できなくなります。

 

頭の中に腫瘤を作ることもあり、神経症状を起こします。その他、様々な臓器に症状を起こしますので、血液内科以外の診療科で診断されることも少なくありません。

 

生存率は低悪性度リンパ腫と中高悪性度リンパ腫でそれぞれ異なりますが、基本的に期間が長くなればなるほど当然に生存率は下がります。

 

悪性リンパ腫の抗がん剤治療では,ホジキンリンパ腫か非ホジキンリンパ腫か,さらにそれぞれ細かく分類された病気によって治療法が異なります。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

悪性リンパ腫 再発 生存率とは?

悪性リンパ腫は化学療法が良く効くので、寛解に入る人は多いが、低悪性度は再発も多いのが特徴。そのため完治することは少ないです。私は再発の場合医者に通達された半分と...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 再発 予後はどう?

再発した場合でも病院や、治療方法も様々で、早期に発見して治療を行うことで治すことが可能といわれており、早期であれば予後も生存率も良好のようです。悪性リンパ腫とい...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 再発 高齢者の場合は?

リンパ節以外のさまざまな臓器・部位にも発生します。高齢者でより頻度が高い腫瘍です。 主な症状はリンパ節のはれ・しこりや圧迫感で、頸部(けいぶ)、腋(わき)の下、...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク