悪性リンパ腫 再発 高齢者の場合は?

スポンサーリンク




悪性リンパ腫 再発 高齢者の場合は?

リンパ節以外のさまざまな臓器・部位にも発生します。高齢者でより頻度が高い腫瘍です。
 主な症状はリンパ節のはれ・しこりや圧迫感で、頸部(けいぶ)、腋(わき)の下、股の付け根のリンパ節がはれることです。

 

高齢者の場合、そう簡単にはいかないかな、と思っています。私も再発は心配でたまりませんが、そもそも寛解とも言っていただいていないので複雑です。

 

がんは誰でもなりうる病気ですが、特に高齢になってくると起こりやすくなる病気です。そして誰もがとても怖い病気であると感じているでしょう。

スポンサーリンク




悪性リンパ腫は白血病の約3倍発症するといわれており、特に高齢者に多い病気です。

 

悪性リンパ腫はホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分類され、日本ではホジキンリンパ腫が約1割、非ホジキンリンパ腫が約9割を占めます。

 

骨随異形成症候群と多発性骨髄腫は高齢者に多い血液がんです。 いずれも緩徐な経過を辿ります。これらの疾患に対して治療ガイドラインでは 新規抗がん剤による治療が推奨されており、当科でも治療ガイドラインに準じて 治療を行い、寛解を目指します。

 

年齢調整IPI は,自家造血幹細胞移植のように,若年者のみで高齢者は対象とならない治療や,高齢者のみを対象とした治療の臨床研究への適応に用いられています。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

悪性リンパ腫 再発 生存率とは?

悪性リンパ腫は化学療法が良く効くので、寛解に入る人は多いが、低悪性度は再発も多いのが特徴。そのため完治することは少ないです。私は再発の場合医者に通達された半分と...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 再発 予後はどう?

再発した場合でも病院や、治療方法も様々で、早期に発見して治療を行うことで治すことが可能といわれており、早期であれば予後も生存率も良好のようです。悪性リンパ腫とい...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 再発 高齢者の場合は?

リンパ節以外のさまざまな臓器・部位にも発生します。高齢者でより頻度が高い腫瘍です。 主な症状はリンパ節のはれ・しこりや圧迫感で、頸部(けいぶ)、腋(わき)の下、...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク