悪性リンパ腫 血液検査 CRP・LDHとは?

スポンサーリンク




悪性リンパ腫 血液検査 CRP・LDHとは?

腫瘍マーカー検査とは血液検査の1種ですが、悪性リンパ腫になると血液中のCRP・LDH・可溶性インターロイキン2受容体(sIL2‐R)という物質の数値が上昇します。

 

CRP(C反応性蛋白)とは、急性期反応物質の1つで、主に肝臓で作られており、体内で何らかの原因により組織の破壊や炎症が起こると増加する蛋白です。

 

悪性リンパ腫の場合は特にCRPの上昇が顕著なようなので、血液検査のやり方として一般的に広まっています。

 

過去は0.03mg/dL、0.11mg/dL、0.12mg/dLであり、2回前より大幅に減少しています。この理由は今までCRPと違って、高感度CRPで検査したためです。

スポンサーリンク




血液検査では悪性リンパ腫の診断として、腫瘍マーカの値においてIL−2・フィブリノゲン等の確認が必要となり、また炎症反応CRP、LDHの確認も必要となります。

 

腫瘍や炎症が見られる場合にはこの値が上昇します。

 

抗がん剤の副作用があらわれる時期は、患者の気持ちが萎えるときなので、より一層家族の励ましが大事だ。「治療後にはこれをしよう」という目的を持つことが、苦しい治療の最中にも大きな励みになります。

 

リンパ腫はCTでもMRIでも反応がでず、腫瘍マーカーも異常なく
PET検査でしか見ることができないので、

 

このCRP値がリンパ腫が悪化していないかを見る一つの指針です。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

悪性リンパ腫の血液検査 数値はいくつ?

腫瘍マーカー検査とは血液検査の1種ですが、悪性リンパ腫になると血液中のCRP・LDH・可溶性インターロイキン2受容体(sIL2‐R)という物質の数値が上昇します...

≫続きを読む

悪性リンパ腫血液検査異常なしと言われた

CTで右腋窩部のリンパ節腫大が認められ、採血では、炎症所見は極軽度でCRP0.34だが、可溶性IL-2レセプター抗体が1220と高値を示していた為、“右腋窩のリ...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 血液検査 CRP・LDHとは?

腫瘍マーカー検査とは血液検査の1種ですが、悪性リンパ腫になると血液中のCRP・LDH・可溶性インターロイキン2受容体(sIL2‐R)という物質の数値が上昇します...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 血液検査 白血球数は2万から10万となります。

血液一般検査にて白血球数の著しい増加を認め、白血球数は2万から10万となります。幼弱な白血球から成熟白血球までの様々な白血球が増加します。慢性期では貧血や血小板...

≫続きを読む

子供の悪性リンパ腫 血液検査とは?

日本では年間約1万3000人が罹患し、年間約9500人の患者が死亡します。40歳以上で罹患率が高くなり、高齢になるほど罹患率が上がります。稀に子供に発症すること...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク