悪性リンパ腫 血液検査 白血球数は2万から10万となります。

スポンサーリンク




悪性リンパ腫 血液検査 白血球数は2万から10万となります。

血液一般検査にて白血球数の著しい増加を認め、白血球数は2万から10万となります。幼弱な白血球から成熟白血球までの様々な白血球が増加します。慢性期では貧血や血小板減少を伴うことは稀で、むしろ血小板数は増加することがあります。

 

その寿命は赤血球が約120日、白血球(顆粒球)が6〜8時間、血小板が7〜10日で、何れも骨髄中で持続的に産生され常に新しいものと置き換わると共に赤血球は1mm3の血液中に約450万個、白血球は5000個そして血小板は15万個と一定に調節されています。

スポンサーリンク




リンパ系組織を構成する主な細胞は、リンパ球と呼ばれる白血球です。リンパ液の中には液体成分とリンパ球が流れていて、やがて血液と合流します。リンパ系組織は全身に分布しているため、悪性リンパ腫、特に非ホジキンリンパ腫は全身で発生する可能性があります。

 

血液は赤血球、血小板、白血球の「血球成分」と、タンパク、ミネラルなどを含む「血漿成分」に分けられます(図2)。白血球は「顆粒球」、「リンパ球」に分けられ、どちらも「感染防御」の役割をします。

 

白血球が減ると肺炎等の感染症にかかりやすくなりますし、血小板が減ると出血時に血が止まりにくくなり、いずれも命に関わります。

 

リンパ管には白血球の中の一種であるリンパ球を含んだ無色の体液であるリンパ液が流れております。リンパ管に沿って豆の形をした組織リンパ節がみられます。リンパ球とは、体外からの侵入物より体を守る働きをもっている、免疫を担う細胞です。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

悪性リンパ腫の血液検査 数値はいくつ?

腫瘍マーカー検査とは血液検査の1種ですが、悪性リンパ腫になると血液中のCRP・LDH・可溶性インターロイキン2受容体(sIL2‐R)という物質の数値が上昇します...

≫続きを読む

悪性リンパ腫血液検査異常なしと言われた

CTで右腋窩部のリンパ節腫大が認められ、採血では、炎症所見は極軽度でCRP0.34だが、可溶性IL-2レセプター抗体が1220と高値を示していた為、“右腋窩のリ...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 血液検査 CRP・LDHとは?

腫瘍マーカー検査とは血液検査の1種ですが、悪性リンパ腫になると血液中のCRP・LDH・可溶性インターロイキン2受容体(sIL2‐R)という物質の数値が上昇します...

≫続きを読む

悪性リンパ腫 血液検査 白血球数は2万から10万となります。

血液一般検査にて白血球数の著しい増加を認め、白血球数は2万から10万となります。幼弱な白血球から成熟白血球までの様々な白血球が増加します。慢性期では貧血や血小板...

≫続きを読む

子供の悪性リンパ腫 血液検査とは?

日本では年間約1万3000人が罹患し、年間約9500人の患者が死亡します。40歳以上で罹患率が高くなり、高齢になるほど罹患率が上がります。稀に子供に発症すること...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク