濾胞性リンパ腫 余命とは?

スポンサーリンク




濾胞性リンパ腫 余命とは?

以前は再発を繰り返して余命7年から10年が一般的と言われています。
濾胞性リンパ腫は低悪性度ですが、治りにくく再発しやすいタイプです。

 

救援化学療法にはEPOCH療法やESHAP療法などたくさんあります。EPOCH療法は、べブシド(一般名エトポシド)、オンコビン、エンドキサン、アドリアシン、プレドニンを組み合わせた治療です。

スポンサーリンク




 

濾胞性リンパ腫は、B細胞性非ホジキンリンパ腫のなかで頻度が高いもののひとつです。濾胞性リンパ腫は、一般に進行が遅く、症状がほとんどありません。濾胞性リンパ腫は、通常、進行期に診断されますが、生存期間の中央値は診断から8〜15年です。

 

これまでリツキサンのない頃は治療によっても治癒は望めないため経過観察も治療のひとつとされたが最近ではリツキサン治療により長期予後を伸ばすとされています。

 

ホジキンリンパ腫と同じく、NHLは通常リンパ組織を起源とするもので、他の臓器にも拡がりうる。しかし、NHLはホジキンリンパ腫よりはるかに予測が難しく、節外部位への播種傾向もはるかに強い。予後は組織型、病期、治療法に依存します。

 

「CHOP療法」=「シクロホスファミド」+「ドキソルビシン」+「ビンクリスチン」+「プレドニゾン」のように、多剤併用化学療法が基本となります。

スポンサーリンク




 

おすすめ記事

 

濾胞性リンパ腫 余命とは?

以前は再発を繰り返して余命7年から10年が一般的と言われています。濾胞性リンパ腫は低悪性度ですが、治りにくく再発しやすいタイプです。救援化学療法にはEPOCH療...

≫続きを読む

スポンサーリンク


スポンサーリンク